てきすとぽいトップページへ
第28回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  25 
理想の彼氏
大沢愛
 投稿時刻 : 2015.08.15 17:04
 字数 : 1000
5
投票しない
理想の彼氏
大沢愛


 女子会で「理想の彼氏の身長」が話題になた。
 好き勝手に言い合ううちに、私の隣に座た真由が言た。
「40㎝高いひとがいいー
 真由の身長は165㎝だた。微妙な空気に気づかないのかにこにこ笑ている。ちと舌足らずの口調で女の子からはいつも陰口を言われる。私に縋て来るうち妹分として認知されてしまた。
「アンタ、それ本気で言てるの?」
 うん、と笑う。また反撥を食う。あることを思いつく。
「じ、いい方法教えてあげるよ。部屋の壁にね、理想の彼氏の条件を紙に書いて貼るの。毎日見ているうちにいつの間にかゲトできるらしいよ」
 周囲の失笑の中、真由は何度も頷く。
「壁に書いて毎日見るんだよ。いい?」
 念を押すと、真由は屈託なく笑た。

 私は170㎝で彼氏の知典は169㎝だた。軽く背伸びしながらキスしてくる顔が可愛くてつい抱き締めてしまう。
「女の子はちと長身くらいがいいよ」
 さらと言うところも好きだた。
 たまに真由と三人で遊ぶときも私と真由を自然に均等に扱てみせる。
 40㎝の話をすると「あと36㎝あればよかたね」と笑た。

 ある日、私の部屋で知典がシワーを浴びているとき、知典のスマホが鳴た。何気なく取り上げる。画面には「まゆちん」とあた。
 湯気の立つ知典を問い詰めた。覚悟を決めたのか案外、素直に話した。半月前、真由に呼び出されて告られ、そのまま付き合い始めたそうだ。

 部屋に知典を残して、真由のマンシンへと向かた。
 ベルを鳴らす。無言の真由に招き入れられた。
 ソフに座らされ、真由はキチンに消えた。部屋の中を見回す。壁の一部分にかすかにB4の痕がある。
 カプを二つ乗せたお盆を手に、真由が戻てきた。ダージリンの香りが鼻孔の手前で堰き止められる。お盆をお腹の前に抱えて、真向かいに腰を下ろす。
 しばらく沈黙が続いたあと、真由は意外にはきりした声で言た。
「私、愛莉みたいに見る目ないから」
 カプを掴み上げて叩きつけなかたのは奇蹟だ。
「だからて人の彼氏を盗ていいのかよ。そこの壁に貼てたんだろ、205㎝の男、て」
 真由の視線が一瞬、泳ぐ。立ち上がり、制止を振り切てゴミ箱を取り上げる。畳んだ紙が差し込まれていた。そと広げる。

〈愛莉の彼氏の知典くん〉

 油性マキーの太字が容赦なく目に飛び込む。
 おそるおそる振り向く。
 お盆を抱えてうなだれた真由は、かすかに笑ているようにさえ見えた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない