てきすとぽいトップページへ
第28回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  25 
選ばれた少年
 投稿時刻 : 2015.08.15 19:12
 字数 : 1000
5
投票しない
選ばれた少年
ra-san(ラーさん)


 土地のガイドの話だと、この街では年に一度、空から矢印が降てくるという。
「それが今日か」
「はい。ここでしばらく待ていれば降てきます」
 ガイドは私を街で一番見晴らしの良い塔の上へと案内してくれた。しかしそこには屋根がなかた。私は懸念を口にする。
「ここは危険でないのかね?」
「大丈夫です。矢印は選ばれた人のところにしか降らないのです」
「選ばれた人?」
「はい。矢印は人を選ぶのです」
 要領を得ないガイドの説明を受けていると、街のあちこちから住民たちが路地や広場に姿を現した。人々は皆、この土地特有の楔模様の飾り織りがされた極彩色の服を着ており、頭には極楽鳥の羽根で作られた色鮮やかな羽冠を被り、手足や首には色石を紐でつないだ腕輪や首輪などの装身具を身に付け、互いにその身の派手さを競い合うように着飾ている。お祭のような光景だた。しかし不思議なことに彼らの顔にはお祭を楽しむような笑顔はなく、かわりに何かを真剣に期待する食い入るような目で、誰もが空を見上げているのであた。
「皆、矢印に選ばれるために必死なのです」
 私も空を見上げた。空は風も雲もなく晴れている。本当にここに矢印が降てくるのだろうか。そう思た矢先だた。
「降てきました」
 ガイドの言葉に目を凝らす。街から歓声が上がた。青い空の一点に、無数の黒い点が現れた。それはぐんぐん落下してきて、そして目にも止まらぬ速さで街に落ちた。
「決まりましたね」
 街の歓声が一際に大きくなり、人々が一か所にむかい移動を始めた。その先を目で追うと、そこに無数の矢印が身体に突き刺さた、一人の少年が倒れていた。
 少年は死んでいるように見えた。その少年を街の人々が運んでいく。その表情は笑顔であた。少年の顔も微笑んでいるように見えた。少年はこの塔へと運ばれ、そして私達のいる屋上までやてきた。
「どうするのだ?」
「矢印を返すのです」
 返す? と聞き返す前にその行為は始まていた。
 少年の身体に刺さた幾本もの矢印を、人々が逆さまに向き直していた。矢印が上に向くと少年の身体から人々が手を離す。少年はふわりと浮いた。
 そしてそのまま少年は、ふわふわと空の上へと飛んでいた。
「矢印が彼を天界へ召すのです」
 ガイドは少年を祝福するような穏やかな顔でそう言た。
 少年が空の果てに消える。
 しかしこの土地の信仰を持ていない私は、ただ自分が選ばれなくてよかたと思うだけだた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない