てきすとぽいトップページへ
我ながらホレボレする文体を自慢する大賞
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  12 
肌色仮面に気をつけろ!
 投稿時刻 : 2013.04.26 23:20
 字数 : 634
5
投票しない
肌色仮面に気をつけろ!
ひこ・ひこたろう


その夜電話がかかて来てね、こんな風に言われたよ。
「お前は命を狙われてる」て。「肌色仮面に気をつけな」
あーあ、あーあ。どうすりいいのさ、肌色仮面て?

胸から外れたおぱいみたく、空中ふらふらさまよて、
冷たいガラスに押しつけてみては、「あー、冷たいね、気持ちいい」

だけどだけど、どうすりいいのさ、外に出れば
あいつだてこいつだて、肌色をした顔のやつばかり。

「うん、つまりはこの重さなんだな」
梶井基次郎ごこをしてみたて、今日は楽しくない。

外に出なけりいいんだ、ネトスーパーでお買い物。
お好み焼きとお寿司を買て、ついでにビールもひとケース。
ああ、何てこた!
お好み焼きとお寿司のどちを先に食べればいい?

肌色仮面どころじない、肌色仮面どころじない。
チンコの先から不思議な匂い、チンコの先から不思議な液体、
世界中にまき散らせて言うの?

たかい方から先に食べてたら、冷たいものが最後まで残る。

「泳ぐ時は人が多い所にしなさい」てママに言われた。
だけど海まで走て行ても、泳いでいるの猫ばかりだニ

そう、肌色仮面がおいらの命を狙てる。
長崎は眼鏡橋とちんぽんとグラバー邸とオランダ坂。
肌色仮面は眼鏡してなくてちんぽんじなくて、
邸宅には住んでなくて坂の上でおらんだ(広島弁)。

一日に玄米四合も食たら腹パンパン。
パンパンパンのパン!
あれ、さきまで玄米の話をしてたのに。

そういえばお腹減た。
お好み焼きもお寿司も一緒に食べるからね、バいバい!
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない