てきすとぽいトップページへ
【BNSK】2016年7月品評会 
 1 «〔 作品2 〕» 3  7 
処理業
茶屋
 投稿時刻 : 2016.07.03 18:08
 字数 : 1845
5
投票しない
処理業
茶屋


「ふわあ
 先輩のわざとらしく長い欠伸が静かな車内に響く。いかにも怠そうな目をして前を向いているが、車のヘドライト越しに見えるのはさきから代わり映えのしない山のカーブだ。そんな光景にいかにも飽き飽きしているといたご様子だ。
「後輩ちん、もうこの辺で良くない?」
 そういてすぐ先輩は怠けようとする。これは仕事だていうのに、そういう自覚が足らないのだ。こんな適当さでもこの業界は俺より長いというのだから驚きだ。
「駄目ですよ先輩。ちんと指示通りにやらないと」
「またくお堅いな後輩ちんはー、バレやしないて」
「駄目です。そういう問題じないですから。もう少し我慢してください」
「そんなに神経質だとまいうよー
 先輩の暢気さに呆れながらも俺は運転を続ける。
「つきましたよ先輩」
「んあーご苦労」
 山の中の廃材置き場についたのは深夜二時を過ぎたぐらいだた。昼間にあらかじめ重機で掘られた穴の近くに車を止める。
 リアドアを開けて、手袋をはめ、事務所の鍵を開けて照明をつけるとやと先輩が車から降りてきて伸びをしながら唸ている。
「あー疲れた疲れた」
 そういいながら胸ポケトからラムネ菓子を取り出し頬張る。
 パリポリパリポリと小気味よい音が響く。
 儀式のようなものだろうか、先輩は仕事にとりかかる前にラムネ菓子を食べるのだ。
「ほいじ、ととと済ませますか」
 先輩は女だが、この業界では女は珍しい。大体の場合は訳ありだたり社会からドロプアウトした男が流れつく職業だ。
 力仕事が伴うというのもあるけれど、この業界の周辺が圧倒的に男社会であることも大きいだろう。
 先輩がなんでこの業界へたどり着いたのかはわからない。
 仕事仲間の素性は問わない。それがこの世界の暗黙のルールだ。
 お互いに氏素性の知らない、仕事だけの関係。
 俺は先輩の事を「先輩」と呼び、先輩は俺のことを「後輩ちん」と呼ぶ。
 先輩も俺も名無しだ。
 そしてこいつも名無しだ。
 先輩は頭のほうを持て俺は足のほうを持て車から降ろす。振り子の要領で反動をつけ「せーの!」の掛け声で穴の中に放り投げてやる。
 あとは重機で穴を埋める作業が残ているが先輩は早々に車の中に引き上げようとしている。
 またくやる気がないにもほどがある。

 ハヤシさんと組んだ時、こんな話を聞いた。
 ハヤシさんというのはもちろん仮の名で、この業界ではかなりベテランである。
「兄ちん最近姉ちんと組んでんだて?」
 ハヤシさんは器用な包丁裁きで名無しの骨と肉をはがしながら話しかけてきた。そのとき俺は砕いた骨をミキサーにかけていた。
「そうですね。最近は多いですね」
「気つけなよ」
「何をですか?」
「姉ちんよくラムネ食てんだろ」
「は
「あれラムネじなくてな
 その時、骨の塊が引掛かたのかミキサーがゴリと大きな音を立てて止また。
「名無しの骨だて噂だよ」

 お互いに氏素性の知らぬ業界でも仲間内での噂はある。
 あいつは借金から逃げて来ただの、あいつは人を殺した事があるだのは珍しくもないし、あり得る話だ。
 けれども猟奇趣味な噂が立つのは意外と少ない。
「どたの後輩ちんそんな怖い顔して」
 そう言て先輩は俺の背中をバシバシ叩く。今日は工場のタンクの中に名無しを捨てるの段取りだ。何の工場かは知らないし名無しがどんな運命を辿るかは俺は知らない。
 いつものように先輩は胸ポケトからラムネ菓子を取り出し食べる。
 パリポリパリポリ。
 それをじと見ている俺に気付いた先輩はこう言た。
「ん? 後輩ちんも食べる?」

 名無しの処理方法には色々ある。埋めるのはもちろん、燃やす、酸で溶かす、豚に食わせる、バラバラに砕いて撒くなどなど。
 処理方法はその時その時によて指示が決まていて、俺たちはその指示に従て名無しを処理するだけだ。
 理由はもちろん聞かない。
 時折、珍妙な支持がやてくることもある。俺たちの技術では難しいこともあて、その時は専門家の手伝いをしたり、下処理だけをすることがある。
 今回は名無しの下処理を手伝い、ごみを処分する。
 剥製でも作るのだろうかと、ぼんやり考える。
 今回の名無しは二体。
 二体分の剥製を作るのだろうか。いや、もしかしたら二体を組み合わせた剥製を作るのかもしれない。
 聞けば名無しの骨をアクセサリーやナイフに加工したりすることもあるらしい。
本当にいろいろな処理方法があて、色々な専門家がいる。
 だとしたら。
 パリポリパリポリ。
 先輩は相変わらずラムネ菓子を食べている。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない