てきすとぽいトップページへ
【BNSK】2016年7月品評会 
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  7 
 投稿時刻 : 2016.07.03 22:24
 字数 : 3052
5
投票しない
BBQデビュー
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


 6月の、中間試験が終わたばかりの深夜、大学のクラスのグループラインに
「BBQしようぜ!」
 というのが流れてきた。
 発信元は学部で一番目立ちたがりの男子で、入学以来完全にぼちだた私が顔と名前を一致させている数少ないクラスメートだた。
 なにがBBQやチラ男め、日本人なら屋外で肉を焼く催し、もしくはせめてバーベキとはきり表記しろや! などと思いながらも、私は大学入学の記念に買てもらたスマート・フンの画面から目が離せなくなた。
「いいね!」
「いつ?」
「どこで?」
 男子と仲の良い数人のウイ系男女がそれに反応して、とんとん拍子に計画は進んでいく。あという間に、次の土曜日の昼に大学構内の芝生でやることが決定した。
「当日参加も全然OKやから、返信くれなかた子も気が向いたら来て」
 カラフルな絵文字付きのメセージで計画は締めくくられた。
 日程や買い出しの打ち合わせに積極的に返信していたのは学部の中でも私が最も苦手としているいかにも「リア充」と言たタイプの明るい学生たちだ。もしも(あり得ないことだが)面と向かて「ビー・ビー・キ来ない?」と言われたら反射的に「いやいやいやいやいやいや」といて断ているところだが、文字だけのやりとりを端からただ眺めた末に「ふらりと顔を出すぐらいのノリでもいい」と言われると、少し気になた。
 正直、毎日最前列でひとりで講義を受け、昼の食堂でも会話をする相手がいない生活がつらいと感じていた。もしかしたら、もしかしたら、普段とは違う場所にこそり潜り込んで、酒に酔たクラスメイトと接したら、今までより親しくなれるかもしれない……などと考えたのだ。
 土曜日、私は、グーグル先生に「BBQ 服装 大学生」と尋ねて出てきた画像を参考にしたフンをキメて、大学へと向かた。
 開始から少し経たぐらいの頃合いを見計らて、バーベキ会場へ向かう。心臓が壊れるかと思うぐらいの動悸がして、暑さとは関係ない汗が全身を流れていた。構内に入るとすぐに焼き肉の匂いが漂てきた。普段ならいい匂いだと思うかもしれないのに、緊張で、朝からなにも食べていないのに全く食欲が湧かない。
 ウイ、みたいな声が聞こえてきて、あ、どうしよう、め盛り上がてる、と思た。大学のクラスは全部で五十人で、バーベキ会場にはざと二十人ぐらいがいた。名前のわかる人から、わからない人までいるけど、とりあえずみんな楽しそうに笑いあている。もうだめだ、あの中に入る勇気は出ない。さりげなく通りかかたふりをしてこのまま家に帰ろう。そう思て、私は歩行速度と姿勢が極めて自然になるように細心の注意を払いながら彼らから目を背けてそばを通り過ぎようとした。そのとき、
「あー! きたきた!」
 と、大声がしたので、思わず顔を向けた。ばちりと、BBQ発起人の男子と目が会てしまた。私は予想外のことにフリーズした。
 発起人男子は既にアルコールが入てるのか顔が赤い。缶ビールを持てこちに小走りして来た。
「ウイ! 待てた待てた! こちこち!」
 そう言て缶ビールを手渡してくる。私は促されるままバーベキ会場に連行された。連行されたが、発起人男子はすぐに別の女の子のところへ行てしまい、私はぽつんと取り残された。私の全身と同じぐらい汗をかいているビールの缶の側面を眺めながら固まていると、
「飲まないの?」
 と背後から男の子の声がした。振り返ると、BBQ中心メンバーに比べるとやや地味な印象の男子が、にこにこしながら紙皿と割り箸を私に手渡してきた。
「あ、あ、ありがとう……
「もしかして、ビール苦手?」
「あ、あ、う、うん、にがて……
 そう言うと、彼は人混みの中に入ていて、クーラークスに手を突込んだ。。
「交換しようか」
 にこりとほほえみながら差し出されたのは、ラムネだた。懐かしい。小学生のころは今ほど非リアでもなかた私は、同級生とよく駄菓子屋に買いに行たものだ。独特の瓶の形とラベルと中のビー玉が目に飛び込んできた瞬間、緊張が少しほぐれた気分になた。
「ありがとう……
 飲めないビールの缶を手渡す。心地よい冷たさを残した瓶が右手におさまた。
 彼がビールを開ける音と、私のラムネを開ける音が重なる。ぷしという炭酸の音が喧噪にかき消される。
「ラムネは好き?」
「う、うん、こどものころ、よく飲んだ」
 親しげに話しかけられて、おそるおそるその顔を見つめ返した。第一印象は「ちと地味」だたが、笑顔が人なつこくて好印象だ。
「このビー玉不思議だたよね」
「う、うん、どうやて入てるのか不思議だた」
「小さい頃、取り出せないかなと思てひくり返したりしなかた?」
「うん、した。あと、飲むとき、ビー玉がね、じまで、上手く飲めなくて、空気飲んじて、げぷが出たりとか……
 思わずそこまで言てしまてから、口をつぐんだ。まずい、と思たけど、相手は屈託なく笑ていた。
「あのさ、男の前でそういう話しない方がいいと思うよ」
 あはは、と明るく笑われて、ちと恥ずかしかたけど、悪い気分にはならなかた。私みたいなコミ障に話しかけて気を使てくれた上、女の子扱いされた! と思うと、むしろ嬉しかた。
 それからしばらく、他愛もない話をしたり、肉を食べたり、沈黙を分かち合たりして、時を過ごした。どれぐらい経ただろうか。
「ウイ! そろそろお開きにします! 片づけの前に先にお金集めさせて!」
 BBQ発起人男子がよく通る声で叫び、その場にいる人数を1、2、3……と数え始めた。参加者は総勢18人のようだた。スマート・フンでなにやら計算した後、一人当たりの参加費用が発表された。
「俺、財布取てくるわ」
 一緒にいた彼が私のそばを離れた。私も鞄から財布を出し会計係の女子にお金を渡した。
 最初はどうなることかと思たが、来てよかた。初めて話す男の子と仲良くなれたし、月曜から大学で会ても普通に会話できる友達になれればいいな……そう思ていた。
「あれ? みんなちんとお金出したー? 一人分足りないんですけどー
 ぼちぼち片づけが始また頃、会計係の女子が叫んだ。みんなが「出したよー」とか「数え間違いじないのー」などと言い合ている。私は辺りを見回し、先ほどまで一緒にいた彼がいないことに気付いた。
「ウイ! 待て、誰もこの場離れてないよな? 1、2、3…… あれ? 17人しかいない?」
「あ、あ、あ、あの」
 私は勇気を振り絞て発起人男子に話しかけた。
「一人、いなくなてる、あの、あ」
 そこまで言て、私は、あの男の子の名前を知らないことに気付いた。元々クラスメイトの顔と名前もあまり一致していないから、気にしていなかたが、そもそも顔にもあまり見覚えがないような気がする。
「ああ、そういえば、君とずと話してた男いたよね。あれ誰なの?」
「へ?」
「なんか知らない奴だけどずと仲良さそうにしてるから知り合いでも呼んだのかと思てたんだけど」
「え、え、し、知らない…………きり学部の人かと……
「ウイウイウイ! 俺、学部の人はみんな顔と名前一致してるし! あの人初めて見たよー
「ま、まさか……
 私は愕然とした。いろんな気持ちがせめぎ合いその場に崩れ落ちそうだた。
 私が大学に入て初めて友達になれるかもと思た人は、まさかの、バーベキ食い逃げ犯だたのだ……
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない