てきすとぽいトップページへ
初! 作者名非公開イベント2016秋
 1  8  9 «〔 作品10 〕» 11  25 
積年の笑い
 投稿時刻 : 2016.08.15 01:51 最終更新 : 2016.08.18 17:27
 字数 : 1489
5
投票しない
更新履歴
- 2016.08.18 17:27:05
- 2016.08.15 01:51:45
積年の笑い
白取よしひと


□咲子
何代も商いを続けてますとね。それは恐ろしい話も塵の様に積もりますわ。
ほほほ。ご興味がおありですか?それではこの大暖簾を潜てごらんなさいな。
あれもこれも想いを吸い尽くした曰く付きのものばかりよ。
「ま。あんたこの世のもんじないね」
うちは醤油屋。冷やかしならどかに散りな。

江戸時代からの老舗に嫁いだのは良いけれど、当主のお父様が亡くなてから夫はここに寄りつかなくなて遊興三昧。離婚のあげく私の手元に残たのはここだけ。自分は郊外の工場を押さえて社長に納まてるんだから割に合わないわよね

あら。お客さんだわ。
「いらいませ」
暗いから足元に気をつけて下さいね。商品はそちらの棚にございますよ。醤油もおすすめですが、そこの。はい。鰻のタレなんぞ如何でしう。何しろこれは「特別」。
幕末の頃からの注ぎ足しですからね。お店は言えませんが老舗の鰻屋さんでもお使い頂いておりますのよ。
おほほ。

「どうかなさいましたか?」
もしかして鍵本さん!どうして言てくれなかたの。何年振りかしらね
大学を卒業して以来ね。
いやだわ。もうおばちんよ。
「あ。この髪ね
学生の頃は随分伸ばしてたわよね。でもここへ嫁いだその日にバサリよ。
どうしてかて?お聞きになりたいなら、怖がらないて約束してくれます?

「それじここの話を聞かせてあげるわ」
この菊屋はね。お江戸の時代は金貸しだたのよ。それはそれは羽振りが良かたらしいわ。
「そこに飾てる大きな算盤あるでし
私思うのよ。その珠はじく度に、どれだけの人が泣いたのだろうて。幕末になてね。
菊屋は大層城方に工面したらしいわ。ところが残念、官軍が勝たでし。菊屋は幕軍に加担したと見做されて危うかたらしいのよ。
「それで廃業したのかて?」
お聞きなさいよ。進駐して来た官軍の幹部にありたけの金子を賂として送たらしいわ。だけどそれじ菊屋は倒産よね。
丁度その頃用立てをしていた醤油屋から無理強い取り立てをしたのね。悲観した主人はあろう事か、醸造用の樽に飛び込んでお陀仏様よ。それで借金のかたにここを押さえたて訳。
その樽まだここにあるのよ。おほほ。

「髪の話だたわね」
ここが金貸しをやてた頃、博打が焦げ付いてね。そいつには娘がいてさ。どうしようもなくなて遊女に出す事になたのよ。ところが、娘には想いを寄せた人がいてね。他の男に抱かれる位なら死んだ方がましと堀に身を投げたの。
それからこの菊屋の嫁は祟られたそうよ。自分の髪で首を絞められて何人か死んだらしいわ。それで私もバサリ。全くいい迷惑よね。義母なんか私が髪を切た途端、嬉々として髪を伸ばし始めるんだから。
「さきの樽見てみる?うふふ。そうよね」

あら。鍵本さんどうかなさた?あらあら、いきなり逃げ出すなんて。少し脅かし過ぎたかしら。タレのお代も貰てないのに。でも大丈夫。あれは「特別」な味。きとまた来てくれるわ。

□鍵本
「ごめんください」
随分と歴史を感じさせるお店ですね。は。これがこちらの醤油ですか。それではこのタレを頂きますか。
「ばれちいましたか。咲子さんお久しぶりです」
それにしても相変わらずお綺麗ですね。昔は髪を伸ばしていましたよね。
いやいや怖がりなんてしませんよ。是非聞かせて下さい。

僕は今時珍しい土間仕立ての店内で咲子の話に聞き入た。放たれた言葉は薄気味悪く漂いそして暗闇に溶ける。僕は驚愕した。咲子の髪が伸び始めその白い首に絡み付き始めたのだ。甲高い女の笑いが響く。
僕は思わず暖簾を跳ね上げ外に飛び出した。あれは恨みを晴らす積年の笑いだ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない