てきすとぽいトップページへ
第34回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  9  10 «〔 作品11 〕» 12  18 
てんごくとそら
有理数
 投稿時刻 : 2016.08.21 01:44
 字数 : 1000
5
投票しない
てんごくとそら
有理数


君は「あな」を「てんごく」と呼んだ。でもやぱり天国は空にあると思う。

例えば、涙が溢れるとすると、やぱり見上げるのは空なんだ。目からこぼれ落ちた雫は、空とは反対に、それこそ「あな」に向かて落ちていくんだ。涙の行き着く先を君は知てるかい? 心の奥深い穴に落ちていくんだよ。渇くことのない水たまりに。

いつか心から溢れてしまうんじないかて?

そうなんだ。いつか堪えきれなくなて、心が涙でいぱいになて、洪水のように溢れてくるんだ。そうなたら、心はどうなるか、わかるかい? 壊れてしまうんだよ、まるで「あな」に落ちていくように、いつまでも底の見えない暗闇を永遠に漂うことになるんだ。


君はきと、悲しみは空に昇ていくものだと思てる。

君は、いつも空を見上げていた。朝も、昼も、夜も。悲しい時も、嬉しい時も、君は空を見上げていた。君だけが「あな」にいるだなんて、とてもじないけれど信じることができない。君は空を見上げて、僕だけが下を向かないといけないだなんて、何の冗談だ?

分かている。

君は、僕を置いていくことを本当に気にかけていた。あの僕を気遣う瞳を思い出すんだ。自分のことよりも僕のことばかり気遣ていた、君の淋しげとも悲しげともとれるあの瞳を。

まるで罪深いことをしでかしたかのように、君はてんごくを「あな」と呼んだんだ。自分の身体のことだ、気づかないはずもない。あの頃から、思い起こせば君は「てんごく」への階段を昇り始めていたんだ。


君は「そら」にいる。僕も、君がそうしていたように空を見上げる。朝も、昼も、夜も。君がそこにいるような気がするから。

優しい声でもう一度呼んでくれないか。そうしたら、涙も嫌じない気がするんだ。


僕ももしかしたら、「てんごく」の階段を昇ろうとしているのかもしれない。心が壊れる前に。僕にとて、君は本当に眩しいくらいの青春だた。あれ以上の輝きはきと、もう見出すことはできないと思う。


君と約束したあの「そら」を。

叶えたら、きと僕は迎えにいく。そこがどんな「あな」だたとしても。

僕は、君の約束を守ろうして、結果的に大切な友人を自分の手で捨て去てしまた。君にとても大切な友達だ。僕にとて生きがいのひとつだた歌も、君の後を追て吸い込んだ死の煙で、まともに歌えなくなてしまた。僕にはもう本当に何もない。

君の迎えを待たないまま、旅立つ僕を許してください。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない