てきすとぽいトップページへ
第34回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  7  8 «〔 作品9 〕» 10  18 
僕んちの美桜ちゃん
 投稿時刻 : 2016.08.20 22:40 最終更新 : 2016.08.21 12:54
 字数 : 1000
5
投票しない
更新履歴
- 2016.08.21 12:54:50
- 2016.08.20 22:40:44
僕んちの美桜ちゃん
住谷 ねこ


「美桜ちんがいない!」

と、薫ちんが叫んだのはフードコートのテーブルに
ラーメンと、ドーナツとクリームソーダとカレーとたこやきが揃
水を取りに行こうとした時だた。

「あれ? いまさきここにいなかた?」

薫ちんは、半泣きになて首を振る。

「だて、美桜ちんはクリームソーダねて言たよね?」

僕達はクリームソーダは飲まない。
僕はクリームが嫌いだし
薫ちんは炭酸がダメだからだ。
でも僕らの長女、美桜ちんはクリームソーダが大好物で
何食べる?と聞くと必ずクリームソーダと言う。

「美桜ちんが言たわけじなくて先回りして私が頼んだの」

「ええ

ぐるりと周りを見渡す。
どこもかしこも人だらけだ。

今日は夏休みでお盆で日曜でどこへ行ても
近所のスーパーでさえ駐車場に長蛇の列ができるほど混むのに
ここは最近できたばかりの大型シピングモールで
しかも昼時だ。
フードコート内はめちくちな混みようで、やと見つけたテーブルに荷物を置いて、僕があれこれ買い揃えてくることになた。

僕はてきり薫ちんが一緒にいると思ていたが
薫ちんは幼稚園に行くようにな
きり好奇心旺盛な美桜ちんは僕にくついて行たと思ていたらしい。

「どうしよう……
「大丈夫だよ。美桜ちんは名前も言えるし、住所も言えるし」

「ちと見てくるから、ここで待てて」

僕には心当たりがあた。
今日、ここへ来て美桜ちんが一番興味を示した場所。
入口のホールにあた遊具だ。ケーキやジスの形をした大きなオブジで。本物そくりに作てあて、中に入たり、上に乗たりしてお菓子の国みたいだた。

「私も行く!」
「いや、荷物もあるからここにいた方がいいよ」

不安げな薫ちんを残して探しに行こうとしたその矢先。
---ぽんぽんぽんぽーん---

迷子のお知らせを致します。
高橋 裕様、薫様。
美桜様がお待ちです。
お近くのインフメーンまでおいで下さい。

……!」

僕達は顔を見合わせ、慌てて荷物を持
一番近いインフメーンに走た。
そこからすぐそばの小部屋に案内されると口にチコレートをくつけた美桜ちんが振り向いた。

「だめじん! 勝手にどかいたら! 探したんだからね!」

呆然とする僕達に係の女性がにこにこと説明する。

「しかりしたお嬢さんですね。
お一人で来て父と母が迷子になたからて、探して下さいて言いに来たんですよ」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない