てきすとぽいトップページへ
第34回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  18 
今日も今日とて昼寝する
 投稿時刻 : 2016.08.20 20:43
 字数 : 1000
5
投票しない
今日も今日とて昼寝する
犬子蓮木


 引越しをした。もう何度目だろうか。
 今回は随分な長旅だた。
 思えば遠くへ来たものだ、なんて言うのは誰の言葉だろうか。
 お母さんの仕事の都合ということらしいけれど、それで毎回連れ回される身にもなてほしいと思う。まあ、養てもらう身だから文句もひとことふたこと口にすることしかできないけれど。
 部屋の中にはまだ片付けられていないダンボールなどがあふれていた。
 こういう散らかている状態は嫌いではない。
 なんというかアスレチクみたいで、体をひねりながら飛び跳ねてみたりする。
 あれ、なんだろうか。
 どうも動きにくい。
 にくいというよりもしやす過ぎるというか、体がすごく軽くなたような気がする。長旅で疲れて痩せたのかしらん、なんて思うけれど、疲れたら元気に動けたりはしないだろうし、ごはんはいつもどおりもりもり食べたのでたぶんやせてはない。
 お母さんは、わたしにすぐ「太た」とか「デブ」とか言うのだ。別にそんなすごいほどでもないし、ちとぐらいふくよかなほうがかわいいと思う。16歳の女の子に向かてそんなことを気軽に言わないでほしい。みんなそんな死にそうなぐらいがりがりに痩せているほうが好きなんだろうか。ねえ、どうかしらん、なんてどこかの誰かに聞いてみる。
 お母さんは外出していた。引越しの手続きに行てくるとか言てたような気がするけどよく覚えてはない。
 まあ、せかくの自由なんだから、部屋の片付けなんてしないで、昼寝をすることにしよう。ベドも布団もまだできていないから、荷物だけどかして暖かそうな場所をゲトする。
 昼寝はいい。
 とてもいい。
 夜に寝るのとはまた違たよさがある。
 なにがそんなに素晴らしいかというとですね……
 むにむに……
 起きた。
 ドアが閉まる音がしたからだ。お母さんが帰てきたのだろう。わたしは音のした方へ向かて走る。そこがきと玄関だ。
「ただいまー。元気にしてたかな、みかん!」
 駆け寄たわたしを脱走防止用ネトをくぐたお母さんが抱きかかえる。
「今日もかわいい!」
 当然。猫はかわいいものだし、わたしはその中でもさらにかわいい。
「おデブちん」
 違う。それは違う。
「に!」わたしは注意のために鳴いた。
「元気、元気」
 お母さんに抱えられてリビングへ移動する。
 窓から見上げた空に、
 青くて大きな星が浮かんでいた。
「地球きれいだねー
 お母さんが言た。
「あそこから来たんだよー
「にあ」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない