てきすとぽいトップページへ
第34回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  18 
彼女が彼の上着の裾を引いた理由
 投稿時刻 : 2016.08.20 18:19
 字数 : 1000
5
投票しない
彼女が彼の上着の裾を引いた理由
ra-san(ラーさん)


「お待たせー……あ」

 遠距離恋愛中の彼とひと月ぶりのデート。駅の改札で待ていた彼があたしを見つけて手を上げたとき、あたしはすぐにそれに気づいてしまた。彼の首元に視線が吸い寄せられる。

 シツの前後ろが逆だ。

 明らかに不自然に首元の詰また上着の下のシツ。その上になにも知らずに「全然気にしてないよ」とにこやかに答える彼の笑顔が載ている。いや、気にして、そのちとタグがはみ出て見えるその首元を気にして。
 そんな想いが通じることもなく、彼は笑顔で「今日はどこ行こうか?」とさそくデートの相談を始める。デー……。前後逆転はみ出しタグシツの彼氏とデー……
 改札前を行き交う人々の喧騒が不意に大きく聞こえ出す。人、人、人、その視線の動きが気になり出す。彼の不自然な首元。そこに気づいた人間は同時に気づくことになる。前後ろ逆にシツを着た彼氏と、その横を歩く彼女の存在に――

「とりあえず、スタバでも入て考えようか?」

「あ、ち、ちと待て!」

 駅構内のスタバに行こうとする彼の上着の裾をつまんで食い止める。これは名誉の問題だ。前後ろ逆のシツを着た彼氏がスタバでコーヒーを傾けながら彼女と談笑する――。自分がその様子を見たらどんな視線をむけるだろうか。「わあ、あのカプルの彼氏のシツ、前後ろ逆なんだけど。しかもデートで気取てスタバ入て感じでウケる。彼女教えてあげなて(笑)」――それは、嘲笑。
 これで彼がブラクのコーヒーなんて飲み出したら目も当てられない。そんなこと断じてあてはいけない。あてはいけないのだ。あたしは意を決して口を開く。

「あ、あのさ……

 しかし、そこであたしは言いよどんだ。彼の性格が頭によぎる。ナイーブなのだ。彼は。優しい彼は、反面に失敗を気にしやすい性格なのだ。
 ここであたしが彼のシツが前後ろ逆であることを指摘すれば、シツは元に戻る。しかし彼がこのことを引きずて、今日のデートは重苦しいものになるだろう。ひと月ぶりのせかくのデートが台無しになる。それは嫌だ。でも、どうする? 彼に気づかれずにシツを脱がして元に戻す。そんな、そんなマジクみたいな方法が――
 そのとき電光のような閃きがあたしを襲た。
 あたしは彼の上着の裾を引きながら上目づかいに言た。

……来たばかりで、その、あれなんだけど……しよ?」

 彼のシツはホテルで無事に元に戻りました。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない