てきすとぽいトップページへ
第36回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1  8  9 «〔 作品10 〕» 11 
赤い迷路の冒険者
みお
 投稿時刻 : 2016.12.10 23:54
 字数 : 2333
5
投票しない
赤い迷路の冒険者
みお


 少年は生まれたその日から不幸でした。

 親はいいました。「お前は一生私達の奴隷となて働くのだよ」
 教師はさげすみました。「ご両親からの学費が打ち切られた。もう学校へは来ないように」

 少年には多くの弟妹がありました。時に弟妹の面倒をみて、時に盗みまでして、家計を支え続けたのです。
 しかし両親は大酒飲みの暴れん坊。少年は郵便配達員をすることで、何とか日々をやり過ごしていたのです。

 ところで少年には、一つだけ秘密がありました。それは、時を操ることのできる能力です。

 といても、彼ができることといえば、時をほんのすこし止めること。それと、触れた相手の時を戻してやることくらい。
 配達が間に合わない時にほんの少しズルをする以外、彼はこの能力を秘密にしていました。もし見つかれば、きと強欲な両親に、見世物小屋へ売られてしまうでしう。

 少年はある日、大きな塔のある教会で一枚の美しい羽根を拾いました。
 何気なく拾い上げたところ、通りすがりの老人に「それは天使様の羽根だ」と拝まれました。
 聞けば、この塔には美しい天使の少女が捕らえられているのだそうです。
 彼女を悪魔と呼ぶ集団もあれば、神と呼ぶ集団もあり、彼女はただただ塔に閉じ込められているというのです。
 そして老人は少年に拝みます。あの少女は神だ。この羽根を1シリングで売ておくれ。
 風邪を引いた弟のため、リンゴを買うのにどうしてもお金が必要だた少年は、羽根を1シリングで売りました。

 それから、何と言うことでしう。羽根は毎日、塔の下に落ちています。それも少年が通るのを見計らて、落ちてくるのです。
 見上げれば小さな窓の向こう、美しい少女の顔が見えました。
 驚くほどに美しい青の瞳の少女です。赤髪がつやつやと輝く、美しい少女です。
 背には大きな羽根があるようです。少女は微笑んで、羽根を落とします。
 少年はそれを売ることで、親に殴られずに済む生活を得ることができました。

 少女が何のつもりで少年に施しをするのか、少年には全くもて理由が分かりません。しかしせめてもの御礼に、少年は季節ごとの花を教会に届けることとしました。

 しかし教会は、そんな少女などしらない。と突ぱねます。
 危うく自警団を呼ばれかけた少年は、それ以降、花を届けることを諦めました。
 その代わり、少女に花を見せることにしたのです。
 窓の見える場所で大きく大きく花を持て、振るのです。少女はそれを見ると、目を輝かせました。微笑みました。少年は、いつか少女のことが好きになていました。

 ある日、少女は窓に口を押しつけて、動かします。最初は何を言ているのか全く分からなかた少年ですが、数回見る内に、ようやくその意味を理解します。
「リリイ」
 少女はそう言たのです。それは、彼女の名前でした。

 ある日、少年は突然男に殴られて川に棄てられました。
 時を止める力がなければ、きと川の底に沈んでいたでしう。それでもしばらく意識を失ていた少年が目覚めたのは、深夜。
 きとリリイが危うい目にあているに違い無い。嫌な予感がします。少年は慌てて教会に駆け戻ります。
 しかしリリイがいつも顔を覗かせていた窓は、赤い布で包まれて人の気配もしません。教会に掛け合ても何も教えてくれません。
 両親はそんな少年を殴り付け、早く金を稼いでこいと急かします。

 嘆く少年に声をかけてきたのは、かつての老人でした。
 彼は「天使様は、迷路の奥へ迷い込まれてしまた」と呟きました。
 リリイには少年と同じく不思議な力がありました。それは絵です。彼女の描いた絵は、まるで生き物のように実体化するのです。
 彼女は部屋の中に、迷路を描いたのだ。と、老人は嘆きました。
 真白なチクで描かれた迷路は、大人達が見つけた頃にはなぜか赤く染まていたそうです。それは彼女の嘆きの色でした。
 そして、絵の中に描かれた迷路の奥、ここではない世界へ。彼女は閉じこもてしまたのです。
 
 少年は、絶望しました。そして決意しました。
 そして、彼は自分自身の時を止めたのです。
 何年かけても少女を見つけ出す。そのために、彼は自分の時を、止めたのです。

「これは酷い迷路だ」 
 少年は額に浮かぶ汗を拭て目の前に連なる岩山を見る。
「君がどれだけ絶望していたのか、よくわかるよ。リリイ」
 山があり谷があり、岩が転がり、時に落とし穴もある。迷路というよりも迷宮だ。そして空の色は常に変わらず、赤。夕暮れの赤だ。世界は全て、赤に沈んでいる。
 少年がここに入り込んでもう何十年の時が経た。途中で多くの死体もみた。同じように迷い込んで抜け出せなくなた大人達だ。
 しかし少年だけは年を取らない。心が折れなければいくらでも戦える。
 実際、彼が知るリリイは窓の向こうにちらりと見えたその顔だけである。しかし、その顔だけで表情だけで、この冒険の価値はあた。
 少年は岩山で傷ついた掌を舐めて、そしてがむしらに登りはじめた。
「いつか、必ず」
 迷路は日々変わている。それはリリイが書き足しているのだろう。外からの侵入者を頑なに拒んでいるのだろう。
 それは絶望故の行動だ。
 少年もまた絶望した。絶望したために、彼は行動を起こした。
「君を元の世界に連れて行く。そして一緒に、年を取るんだ。リリイ」
 足下に絡む草を蹴り、川を越え、泥を踏み抜き、そして。

「君のために、僕の時間は止めておいたのだ。君と出会うまで、僕の時は動かないのだから」

 少年はやがて、小さな扉を見つけます。
 ちくたくちくたく。時の流れる音がします。

「はじめまして」

 少年は震える手でノブを回し、帽子を取て、恭しく頭を下げます。
 明るい部屋の中、一人の美しい老婆が、驚いた顔をして振り返ります。
 自分の中の時間が動き出す音を、確かに少年は聞きました。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない