てきすとぽいトップページへ
第36回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1  7  8 «〔 作品9 〕» 10 
時間ウサギには時間がない
 投稿時刻 : 2016.12.10 23:47
 字数 : 584
5
投票しない
時間ウサギには時間がない
ra-san(ラーさん)


 時間ウサギには時間がありません。今日もいそがしくあちこちを走り回ています。

「どうしてそんなに時間がいつもないんだい?」

 友人の万年ガメが聞きました。

「ボクは明日にも死ぬかもしれない。そう思うといてもたてもいられないんだよ」

 時間ウサギはそう答える時間も惜しむように走り回り、ついに切りかぶに転げてケガをしてしまいました。

「うーん、うーん。はやくしないと死んでしまう。まだまだやることがいぱいあるのに」

 万年ガメが時間ウサギのお見舞いに行くと、ベドの上で時間ウサギがうなされています。万年ガメは時間ウサギにリンゴをむいてあげながら言いました。

「ケガは悲しいことだけど、ボクはキミとこうしてゆくり過ごす時間ができてうれしいよ」

 気持ちがさくさくしていた時間ウサギはこう言いました。

「それはキミが万年も生きられる時間を持ているからだろう」

 そんな嫌味に万年ガメは悲しい顔で首をふりながら答えました。

「ボクに時間はいぱいあるけれど、キミと過ごす時間だけは作れなかたんだよ」

 そう言われた時間ウサギは、アと思い返しました。今までの自分のやることのなかに、この友人と過ごす時間があたのだろうかと。

……ごめん」

 時間ウサギがしんぼりと頭を下げると、万年ガメは小さく微笑みながら、むいたリンゴを差し出しました。時間ウサギはそのリンゴをゆくりと、時間をかけてあじわいました。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない