てきすとぽいトップページへ
第36回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  11 
おふろのおとうさん
 投稿時刻 : 2016.12.10 23:41
 字数 : 411
5
投票しない
おふろのおとうさん
ポキポキ7Coupé1800XC


おとうさんはいつもこわいかおをして、100かぞえるまでおふろからだしてくれない。
あつくてあつくていやなのに、てをつかまれてうごけない。
とこちをみてるから、ぼくはめをつぶてしたをむくんだ。

めをあけるのはいやだ。おゆのなかにはおとうさんのおちんちんがいる。ちんげがライオンみたいでぼくをたべようとしてるみたい。

なんでおとうさんはいつもこわいかおをしてるんだろう。おかあさんはたのしいことをいにわらてくれるのに。たけるくんのおとうさんだてぼくといにわらてくれたよ。

はやくかぞえるとおこられるからしかたなくゆくりかぞえるよ。もとゆくりかぞえれば、とけいのはりはぎくにうごいてくれるのかな。

おとなになればちんげがはえるていてたから、とけいがぎくにまわればちんげはなくなるよね。

おとうさんのちんげがなくなて、ぼくとおなじおちんちんになたら、たけるくんとしべるみたいになかよくできるんだよ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない