てきすとぽいトップページへ
第36回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  11 
時間が来たよ。
大沢愛
 投稿時刻 : 2016.12.10 23:33
 字数 : 505
5
投票しない
時間が来たよ。
大沢愛


 時間が来たよ、という声がした。
 うん、とぼくは答える。

 そろそろなんだ。ここにいられるのも。
 ずいぶん苦しかたのに、いつの間にかからだは痛みを感じなくなていた。
 目の前に、女のひとと男のひとが、涙を流しながらなにか叫んでいる。
 おかあさんと、おとうさん。
 ぼくはもう、ここにはいられないんだ。
 ごめんね。でも、きとまた新しい家族が生まれるよ。
 こんどはとても可愛い女の子だよ。
 おかあさんの子どものころにそくりなきれいな髪で
 おとうさんの子どものころみたいに優しい、そんな子だよ。
 ぼくは行かなきならない。
 どこかでまた、ぼくの時間が始まる。
 きと、長く続く時間。
 いやになてしまうこともある、そんな時間。
 でもね、ここでいに過ごしたちぽけな時間は
 ほんのささやかだけれど
 夜空に目を凝らしてようやく見える針の先みたいな星と同じ
 つめたいけれど澄んだ輝きを持ち続けるから。
 その輝きの彼方で待ているから。
 だから悲しまないで。
 生まれてくるぼくのいもうとを
 一片の曇りもなく抱き締めてあげられるように
 こころを縮こまらせないで。

 時間が来たよ、という声がした。
 ぼくはうなずく。
 ふたりの涙が、ぼくの涙ととけあ
 もうなんにも見えない。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない