てきすとぽいトップページへ
第36回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  11 
「はいけい」
 投稿時刻 : 2016.12.10 23:29
 字数 : 275
5
投票しない
「はいけい」
スイカ(チコ)


砂はまに立て、海を見ています。
日がかたむいてきました。波は通りましたが、船は通りません。
日が落ち始めました。カモメは通りましたが、船は通りません。
日が落ちました。とうだいの光は通りましたが、船は通りません。
ぼうしが飛んでしまいそうなほど、風が強くなてきました。
この手紙のことはウソだたのでしうか。
今すぐ君にあいたいです。
あと少ししたら船が来ます。私の乗る船です。
ですが、最後の最後まで君の乗る船を待ちます。
この気持ちを届けたい。私はいつまでもこの砂はまにいることはできません。
なので、この手紙を砂はまにそえて、船に乗ります。
「またあう日まで」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない