てきすとぽいトップページへ
第36回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  11 
めいろのくに
 投稿時刻 : 2016.12.10 23:44
 字数 : 764
5
投票しない
めいろのくに
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


 小学生の頃、秋の遠足で遊園地に行た。
 鏡の迷路屋敷の中で、迷子になたときのことをよく覚えている。班の子と一緒に行動しなさいと先生は言たけど、私の班の子たちは、私以外みんな仲良しで、私のことを置いて行てしまて、私は一人で、私の姿が四方八方に映し出された気味の悪い空間で迷い続けた。どこに行けばいいのかわからなくて、だんだん怖くなてきて、声も出せなくて一体どれぐらいの時間が経たのかもわからなかた。
 結局家に帰れたのだから、誰かが助けてくれたのだと思うけど、よく覚えていない。
 ただ、私はその場にしがみこんで、しがみこんでミラーを見上げると自分の姿が大きく見えて不気味で、思わず目を硬く瞑て、耳を塞いで、気が遠くなていた、あの恐ろしい記憶だけが、いつまでも強く残た。
 中学生になた今でも、ふいにあの時の記憶が脳裏をよぎて、泣いてしまうことがある。
 そうすると、ママがとても不機嫌になる。そんなに昔のことをいつまでも引きずて、あなたは本当に、呆れた子ね。
 なじられると、余計に悲しくなるけど、私は泣くのを我慢しようとする。
 自分がどこにいて、今がいつなのか、よくわからなくなて、ただただ怖い。
 私は自分がここにいるという確信が持ちたくて、ペンを握る。
 自分の気持ちを書きつける。そうすると、ますます悲しい気持ちが湧いてくる。どうしてこんな昔のことを思い出してしまうんだろう。あんなに時間が経たのに。
 でも、胸を突きさす痛みだけは本当なのだ。
 カウンセラーの先生にそう話したら、それでいいのよ、と言てくれた。
自分の痛みと向き合うのには、時間がかかるのよ。どれだけ歳をとても、昔の悲しい出来事を思い出すのは、ちともおかしなことじないわ。
 その言葉は救いだた。
 だから先生が褒めてくれた物語を、私はゆくりと紡いでいる。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない