てきすとぽいトップページへ
第38回 てきすとぽい杯
 1  10  11 «〔 作品12 〕» 13 
天上の恋について
寿々
 投稿時刻 : 2017.04.16 00:36 最終更新 : 2017.04.20 14:16
 字数 : 2593
〔集計対象外〕
5
投票しない
更新履歴
- 2017.04.20 14:16:34
- 2017.04.16 00:36:44
- 2017.04.16 00:36:04
天上の恋について
寿々


 ねえ、あなたは、愛てどういうものだと思います? んー、あなた、ご結婚は?
 ああ、そうですよね、すいません、そんなこと、仕事上簡単に答えられないですよね。や、いいんです、理解できるんで。
 えと、何が言いたかたかて言うと、僕は、愛ていうのは「あの人と素敵なものを作り上げたい」ていう強い気持ちのことを言うんだと思うんです。思うんですていうか、まあ、そうですよね? ね? そう思うでし? ね?

 うん、あなたがわかてくれる人でよかた。たまにね、は? て感じの顔する人いるから。こちこそは? だし。馬鹿はこれだから。
 ん? ああ、そうそう。んー、そうだな、誰にでもわかりやすい例をあげると、例えばこどもなんかがそうですよね。大好きで素敵なあの人と、この世界で一番素敵なものを一緒に作りたいていう気持ちがあて、こどもて生まれるでし

 そういう意味で、僕達て特別に最高の恋愛関係にあたんです。
 こどもはもちろんいません。だてセクスしたことないから。ていうか、セクスなんて意味ないから。んー、こどもがいらないからとか、セクスしたくないからて意味じないんです。

 セクスてね、愛のランクを下げるんですよ。だて、どんなに「あの人のことが好きだから」とか言て、そこには絶対、自分の性欲を満たしたい的な気持ち入るじないですか。結局自分が気持ちいいからヤリまくてるわけでし、リア充的な呼び方されてる奴等て。

 んー、いやいや、それが悪いていうわけじないんですよ、だて、そういう人達が一定数いるから人類が絶滅しないわけだし? や、見下してるわけとかじなくて、まあ、ようは、セクスてのは一般人用の愛ていうか。うん。

 つまり僕達の間にあた愛ていうのは、自分達の肉体の気持ちよさを求めるんじなくて、お互いの心とか魂を満たし合う、高次元の愛だたんです。セクスに依存するような、低次元なものとは違う。あ、あなたもそうだたら、すいません。でも、逆にそれが普通なんで。あなただけのことじないんで、気を悪くしないでください。

 こんなことを言うと偉そうかもしれないけど、僕達が特別だたんです。
 でも現実に、僕達はこれまで、世界で一番素敵なものをずと一緒に生みだし続けてきました。いわば、それが僕達のこどもです。僕達は、セクスなんてつまらないものに頼らなくてもそれができるんです。

 え? 具体的に? んー、色々な方法がありました。Twitterとか、Facebookとか、インスタグラムとか。そういうところで、お互いのインスピレーンを交換してました。普通はLINEとかなんでしうけど、ほら、SNSて他のフンの人達からもコメントもらえるじないですか。見当外れすぎて腹立つことも多いんですけど、良い線ついてくれる人もいるんですよ。そういうのがまた、新しい閃きにも繋がたりして。
 で、それをまとめて、彼女が楽曲にするんです。よく読んで確認してもらえればわかるんですけど、彼女の歌詞て、結構僕との関係とかやりとりとか反映されてるんですよ。そんなに素直な気持ち書いたら、勘の良い人には僕達のことバレちうよて、こちが心配しちうくらい。

 だから、許せなかたし、悲しかた。いえ、彼女を許せなかたわけじないんです。
 一番大事な時に彼女を守れなかた自分と、それから卑劣な方法で彼女を騙したあいつが許せない。あいつのせいで彼女は愛を失てしま……。男に股をひらいて、あんあん言て、気持ちいいて喘いで……、彼女は、肉欲の沼に溺れてしま……。翼が穢れた天使は、もう天上には戻れない……。僕の罪です。大切な恋人を守てあげられなかた僕の。

 彼女も後悔していました。いえ、直接そう言われたわけじありません。賢い彼女でしたから、自分のしてしまたことの重大さに気づいていたんだと思います。大分前から、表情が暗かたんです。僕は最初その理由を気づいてやれなか……。仕事増えてきて疲れてるのかなあとか、作曲大変なのかなあとか、見当外れのことばかり思て、励ましの手紙とか、可愛い癒やしグズとか、そんなのばかり送てたんですよ、ウケますよね。え? うん、事務所にです。だて、彼女がそちに贈て欲しいていうから。家にひとりだけ送ると、ほら、特別な関係がばれちうから。木を隠すなら森の中て言うでし

 でもね、やとわかたんです。あの雑誌の記事と写真を見たときに。ああ、これだたんだて。イベントとか、ライブとかで、俺と目があうたびに表情が強張てたのはこれが理由だたんだて。

 彼女、悲しんでたんです。そして怖がてたんです。自分が一時の肉欲に騙されて愛を穢してしまたことと、それが理由で僕に嫌われてしまうんじないかてことに。

 馬鹿ですよね。そんなわけないのに。
 だから、僕、本当に辛かたけど、彼女の願いを聞いてあげることにしたんです。

 ええ、そうです。僕は殺人を犯しました。

 え、あいつも殺すつもりだたのかて? まさか。確かに最初は殺したいと思いましたよ。でもそれじあ簡単すぎるじないですか。あいつは一生後悔し続けるべきなんです。僕と彼女の高等な愛をセクスで貶めたことを。そしてそれによて、僕達が生みだしてきたあの素晴らしい神曲達のような存在が、もう二度とこの世に生まれないことと、その原因となた自分の罪深さを永遠に絶望し続けるべきなんです。

 はい、認めます、刑事さん。僕は彼女を、殺しました。動機は彼女を救うためです。一週間前の野外ライブで、彼女は僕に言いました。え? いえ、違います。彼女の目が、僕に言いました。汚れてしまた私を助けて。天に返して。綺麗な体と魂であなたのところに帰てくるために、て。だから、殺しました。犯罪なのはもちろんわかていました。でも僕にとては、彼女を守てあげられなかたことの方が罪だたんです。だから、せめての罪滅ぼしに彼女の望みを叶えてあげたかた。何度? 何度て刺した回数? それ大事ですか? たくさんですけど。理由? だて、セクスしたんですよ。僕じない男と。何回も。何回も。何回も。何回も。つこんでた回数、つこんだだけですけど? それくらいの権利、僕にだてあるでしうが。僕恋人ですよ?
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない