てきすとぽいトップページへ


名作の書き出しは必ず名文主催 : ぷーち



《 投票メニュー 》
候補作品一覧

《 投稿メニュー 》
※ 作品を投稿するには、
してください。



亭主と妻と居候
波紋
風占い師
群青
拝啓、お元気でしょうか?



チャットに参加する
票の集計期間 2017.08.21(月) 0時  ~  2017.09.02(土) 0時
投票方法 5段階方式(平均)
投票終了まで 投稿アカウント非公開
票の推移を公開しない


投票の主旨、注意点など

名作の書き出しは必ず名文です。
あなたも名作を書いてみませんか?

◆概要:

青空文庫に収録されている名作の一行目に続けて、自分の小説を自由に書いてみる。
匿名での作品投稿になります。
是非実力試しにご活用ください。

(例)門 / 夏目漱石

「宗介はさっきから縁側へ座布団を持ち出して、日当たりのよさそうな所へ気楽にあぐらをかいてみたが、やがて手に持っている雑誌をほうり出すとともに、ごろりと横になった。」

→少し頭を持ち上げて時計を見てみると、まだ十時半だった。今日も長い一日になりそうだなあと思った。こんな風に毎日毎日、時間がたっぷりあると、やりたいこともなくなってしまうものだ。時間を潰そうにも、何をしてやろうか思いつかないし、何もする気がおきない。困ったものだなと思った。

・「」内が名文書き出し
・→以下が自分で書いた文章

◆お題:

以下のものからお好きなものをお選びになり、ご自由に(オールジャンル)続きをお書きください。

(1)檸檬/梶井基次郎

えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終おさえつけていた。

(2)こころ/夏目漱石

私はその人を常に先生と呼んでいた。

(3)黒蜥蜴/江戸川乱歩

この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。

(4)ドグラ・マグラ/夢野久作

…………ブウウーーーーーーンンンーーーーーーンンンン………………。

(5)ヴィヨンの妻/太宰治

あわただしく、玄関をあける音が聞こえて、私はその音で、眼をさましましたが、それは泥酔の夫の、深夜の帰宅にきまっているのでございますから、そのまま黙って寝ていました。

◆文字数:

2000字以上8000字以下(書き出しの文章含む)

◆期間:

投稿は2017/8/20の23:59まで(〆切まで再編集可)
投票/感想受付期間は2017/9/1の23:59まで。

◆注意

・作者名はイベント終了後に公開されます
・二次創作は対象外
・おひとりさま2作品まで
・タイトルはご自由におつけください
・本文冒頭に選択されたお題の番号、タイトル、作者をお書きください
→例:(4)ドグラ・マグラ/夢野久作

◆出典

夏目漱石(1910)『門』青空文庫,http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/785_14971.html (アクセス日:2017/7/22)
梶井基次郎(1925)『檸檬』青空文庫,http://www.aozora.gr.jp/cards/000074/files/424_19826.html (アクセス日:2017/7/22)
夏目漱石(1914)『こころ』青空文庫,http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/773_14560.html (アクセス日:2017/7/22)
江戸川乱歩(1934)『黒蜥蜴』青空文庫,http://www.aozora.gr.jp/cards/001779/files/57405_60036.html (アクセス日:2017/7/22)
夢野久作(1992)『ドグラ・マグラ』青空文庫,http://www.aozora.gr.jp/cards/000096/files/2093_28841.html (アクセス日:2017/7/22)
太宰治(1950)『ヴィヨンの妻』青空文庫,http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/2253_14908.html (アクセス日:2017/7/22)


ここに記載されていない項目については、
イベントの主旨・要項に記載のない項目についての基本ルール
をご確認ください。