てきすとぽいトップページへ
第43回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動6周年記念〉
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  21 
いかに人間的であるか
菊池公
 投稿時刻 : 2018.02.17 23:21
 字数 : 1825
5
投票しない
いかに人間的であるか
菊池公


 陽だまりの中を彼女と一緒にいると、まるで透明な、遠い過去を思い出して仕方がなかた。不確かな原風景に思いを馳せらせると、胸にすと、塵状の細かな刃が溜まり、微かな痛みに涙さえ戸惑い歩く。呼吸を忘れた錯覚に陥り、隣の彼女の方を見る。視線を受けた彼女は僕を見、にこりと微笑んでくれる。慈愛の目、とことんまで堕ちた天使の笑顔、何かを彷彿とさせる首筋、僕は公園の椅子から立ち上がり、近くにあた自販機まで向かう。
 心を失たのは、高校生の頃だたと思う。思春期によくありがちな、恋愛の破綻で、僕の全ては音を出し、壊れた。それに、多少の感傷は憂うけれど、今となては少しの後遺症だけだ。でも、それは、僕の心を蝕み、着々と破滅の兆しを見せている。悲しき憧憬が、頭にこびりついて離れていかない。
 僕は自販機で缶コーヒーを二つ分買い、彼女の元へ戻る。彼女が受け取り、またもやにこりと微笑む。僕は安心し、また、二人掛けの椅子に座る。適度な距離を保つ。触れれば壊れてしまう柔和なガラス繊維なのだ、僕らの心は。
 担当医が近くを通りかかり、僕らに声をかける。
「やあ、元気かい?」
「それほどでもないです」
 僕は言てから、彼女の方を見る。彼女は僕と担当医に、「私も」と言た風に、微笑みかける。担当医は僕らに「それでは、また診療の日にね」と言て立ち去る。
 
 彼女が言葉を失くしたのは、中学生の時だたと聞いている。クラスで壮絶ないじめを受け、重度の精神病にかかり、それからこの精神病棟に入院しているらしい。十九歳という若さで、顔も綺麗な方なのに、世間に馴染めずここにいる事を思うと……いいや、やめよう。
 僕が鬱病と診断され、この病棟に入院してきたのが、二か月前の事だ。親からは罵倒を受け、皆からは嘲笑され、命からがらここに逃げて来たというわけだ。だてそうだろう? 僕らにはここしか生きれないのだから。普通への切望は今もまだ残ている。それでも、人は僕を……
 彼女が僕の頬を指で突いた。我に返る。そうだ、僕はここにいる。僕は僕だ。彼女は僕が落ち込んでいる時に、いつも頬を突いてくる。見透かしたような天使、天国いきの切符を忍ばせているのかもしれない。

 深夜、目が覚めると、なにやら病棟の一室が騒がしくなていた。他の患者に話を聞くと、誰かが自殺をしたらしい。僕は、誰だろう? と思い、女性患者の病室を通路から覗く。部屋から、通路に流れ出た汚物が明かりに照らされて、目を逸らした。明日になればわかる事だ。でも、僕は薄々気が付いていた。彼女が死んだ事を。

 彼女の症状としてはひどい幻聴や、妄想の類だた。深夜になるといつも病棟に悲鳴が響き渡る。僕は最初、それを聞いた時、他の患者に聞いた。「誰が夜に声を出してるんです?」と。「あの子だよ、十九歳の」と聞き、僕は彼女を知た。そして、恐れ多くも助けようとした。今日の昼までは元気な姿を見せていた。でも、僕は助けられなかた。死んでしまた。

 僕が一人で公園の椅子に座ていると、隣に誰かが座た。
 彼女だた。
「どうして、そんな悲しい目をしているの?」彼女は言た。
「だてさ、この世界で誰か一人、死ぬてことはとても、悲しい事だと思うんだ。だてそうだろう? その人には親も友達もいたはずなんだ。皆悲しむんだ。皆……
「人はいつか死ぬわ」
「でも、今て事はないじないか。僕は、君を助けたかたんだ。心の底から、助けたかたんだ」
「それはね。私の問題なのよ。一人の問題なのよ。生きるか死ぬか選択するのは私だわ」
「うん……
 彼女は僕の頬を突いてから、言
「でも、私はあなたに死んでほしくないの。このままここで生涯を終えるなんて、許さないわ。さき言たわよね。死ぬてことは、とても、悲しい事だと。自分の口で言たんだから、貴方は今を生きなさい。懸命に生き延びなさい。そして、こんなくだらない世界で仮初の愛を見つけて、普通に過ごすのよ」
 それは僕が生み出した妄想だたのか分からない。普通への切望が、そんな彼女の姿を生み出したのかもしれない。最後に、彼女は笑た。僕はそこで目が覚めた。

 彼女が死んだ翌日、僕は担当医に「退院したいです」と言た。許可はすぐ下りた。家族に迎えの車を出してもらい、実家に帰た。夕食はデリバリーのピザで、久しぶりに飲むコカ・コーラは砂糖の味がした。
 生きている、と思た。生き延びよう、と思た。普通の生活が僕を待ている気がした。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない