てきすとぽいトップページへ
暁文学
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  12 
駆け引きの朝、追憶の今日
 投稿時刻 : 2018.04.12 03:44 最終更新 : 2018.04.12 03:48
 字数 : 533
5
投票しない
目次
1. 彼は目を瞑って、周囲の音に耳を傾けていた。
2. 彼は目を開けた。
全ページ一括表示
更新履歴
- 2018.04.12 03:48:00
- 2018.04.12 03:44:11
2 / 2
彼は目を開けた。
  彼女のいない朝、七日目。
  涙はいつからか枯れてしまていたけれど、彼女との毎朝の駆け引きの日課のような日々を思い出すと、未だに男として枯れていない現実を知る。遣る瀬無い朝、彼女の甘い声を思い出しながら、行き先のない欲情を吐き出して、彼はベドルームを後にする。
続きを読む »
« 読み返す

← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない