てきすとぽいトップページへ
暁文学
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  12 
4月20日
 投稿時刻 : 2018.04.21 21:08 最終更新 : 2018.04.21 22:12
 字数 : 743
5
投票しない
更新履歴
- 2018.04.21 22:12:19
- 2018.04.21 22:10:34
- 2018.04.21 21:16:51
- 2018.04.21 21:16:05
- 2018.04.21 21:11:05
- 2018.04.21 21:09:38
- 2018.04.21 21:08:57
4月20日
投稿者名は投票期間終了後に公開


 呑みすぎたせいか、喉が渇いて夜中に目が醒めた。

 台所に行て牛乳か炭酸水でも飲みたいが、とにかく体が重いし、布団から出るのが億劫だ。

 そうやてもやもや考えているうちに、そうだ、飲み会の帰りに自販機で買たけど結局飲まずに鞄に入れぱなしのお茶のペトボトルがあたな、と思い出した。鞄は足元だ。

 なんとか布団から出ずに上半身を起こし、暗い中手探りで鞄からペトボトルを取り出して、お茶を飲む。二口ほど飲むと、渇きは落ち着いた。

 ああ、これでやと眠れるな、と思てまた布団にもぐろうとしたところで、自分の体が布団にもぐたままなことに気が付いた。

 こういうことは、子供のころから眠れない夜にたびたび経験してきたのでよくわかる。今のは、「起きてペトボトルのお茶を飲む」という夢を半分起きつつ半分眠りながら見ていたのだ。

 意を決して目を開け、上半身を起こし、鞄からペトボトルを取り出すと、やはり飲んだ形跡はない。やぱり夢だた。

 安心してペトボトルの蓋をひねり、ぬるいお茶を喉に流しこむ。途中少しむせて、お茶をこぼす。顎から首を通てシツの中に流れるお茶の感覚が気持ち悪い。

 ペトボトルを鞄の横に置き、布団をかぶて目を瞑る。渇きの欲求が満たされたので、すぐに眠りに落ちた。


 翌朝、気持ちよく目が醒めた。二日酔いが残らなくてよかた、と思た。今日も仕事だからだ。

 時計を見て、背伸びをし、体を起こしたその瞬間、不思議な光景を目にする。

 鞄の横に置いたはずのペトボトルがないのだ。

 おそるおそる、ゆくりと、鞄の中をのぞく。

 そこには、お茶のペトボトルが入ていた。

 蓋は買た時と同じように密閉された状態のままだた。



 今、僕は電車に乗て会社に向かているが、これが夢の中ではないという自信がない。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない