てきすとぽいトップページへ
第2回200文字小説コンテスト
〔 作品1 〕» 2  31 
私は知らない
Veilchen
 投稿時刻 : 2018.04.01 18:12
 字数 : 200
5
投票しない
私は知らない
Veilchen


 何かをすると「憑かれる」という類の怪談がある。札を破るとか何時何分に鏡を見るとか。その手の話が苦手で、皆が盛り上がる中で半分耳を塞いでいたのが逆に良くなかた。

 いる。肩の上に藁でできた人形みたいな何か。

 鏡を見て絶叫した――と思たら目が覚めた。
「厭な夢見ちた」
 家人に愚痴た瞬間、眼前にまた奴が現れた。絶叫。気付けば再び布団の中。

 何がトリガーた? どうすれば抜け出せる? その答えを私は知らない。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない