てきすとぽいトップページへ
第2回200文字小説コンテスト
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  31 
18(K)
 投稿時刻 : 2018.04.02 15:35 最終更新 : 2018.04.08 23:36
 字数 : 200
5
投票しない
更新履歴
- 2018.04.08 23:36:37
- 2018.04.06 16:04:38
- 2018.04.02 15:35:10
18(K)
白取よしひと


「おおきいおおきい」
 と、絵里子は呻いた。どこかで聞いた社交辞令な言葉をよそに母のことを考えていた。
(残されたものは思い入れではなく、その価値で大事にされてしまうものだ。)
 あてどなく蠢く手を押さえ、くるりと回すと絵里子は熱い息を漏らした。しとりと汗ばんだそれをゆくりと抜いて、しげしげと眺めた。
「ね……何してるの?」
「これ十八金だよ」
 興味を失た絵里子を橫目に、形見の指輪を宝箱へそとしまた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない