てきすとぽいトップページへ
第2回200文字小説コンテスト
 1 «〔 作品2 〕» 3  31 
手品
 投稿時刻 : 2018.04.01 20:03
 字数 : 200
5
投票しない
手品
高山 環


私は望まれた子でなかた。私の父親である男に母は一度も心を開かなかた。駄目な父親だたが私には優しかた。「見ててごらん」何もない掌から鍵を取り出す手品を父が私に見せてくれた。父に母は愛想を尽かし家の鍵を取り上げてしまた。家に入れなくなた父は音信不通になた。十年が過ぎ私の結婚式の朝、封筒が届いた。鍵がひとつ入ていた。宛名はない。父が開け方を知らず、失た鍵を私は見つけて開けたいと思た。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない