てきすとぽいトップページへ
第2回200文字小説コンテスト
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  31 
鏡の中の虚像
 投稿時刻 : 2018.04.03 15:18
 字数 : 200
5
投票しない
鏡の中の虚像
はづき葉優


僕が生まれたのは昨日。   私が生まれたのは今日。

世界は美しい。               世界は薄汚い。

      まるで浅い眠りを奪う朝日のように。

だけど。                        だから。

僕には眩しすぎる。         私には希望がない。

                      もう少し。

ひかりは翳ていていい。美しくてもいい。

                       だから。

僕は願た。                  私は祈た。

                      今よりも。

陽射しの弱い世界へ。      陽射しの強い世界へ。


実像と虚像は互いに行き来を繰り返しながら。

僕は。                           私は。

昨日を。                       今日を。

                   生きている。


       解けないメビウスの輪の中で。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない