てきすとぽいトップページへ
第2回200文字小説コンテスト
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  31 
魂のエトランゼ
 投稿時刻 : 2018.04.03 22:25
 字数 : 200
5
投票しない
魂のエトランゼ
ポキポキ7Coupé2000XG


 ロードノイズと風切り音が鼓膜を震わせている。照明灯が次々に視界の外へ流れていく。センターラインは真直ぐ行き先を示しながら小刻みに揺れる。先行する車も対向車もなく、この車だけが進んでいる。
 うすらとした記憶の名残がある。接近する中央分離帯。回転する風景。白い膜が顔を覆う。あれだけの衝撃と騒音だたのに、いまは低いノイズが静かに流れているだけだ。
 遠くに電波塔の灯り。走り続けているのに、辿り着かない。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない