てきすとぽいトップページへ
第2回200文字小説コンテスト
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  31 
ある日道行く散歩道で
ぱぴこ
 投稿時刻 : 2018.04.04 01:30
 字数 : 200
5
投票しない
ある日道行く散歩道で
ぱぴこ


 見慣れない野良猫が現れた。やけに毛並みの整た三毛猫だた。
 思わず近寄てみると人懐こくにあと鳴いた。
「やあ、どこから来たの?」
 声をかけるとその三毛猫はまたにあと鳴いて踵を返す。
「ついていてもいいかい?」
 つかず離れずわたしの先を歩く猫は、神社の境内まで案内してくれた。
「ああ、」
 母猫は仔猫に愛おしそうに頬ずりした。
 わたしは自分のお腹をやさしく撫でながら、先輩ママにありがとうと伝えるのだた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない