てきすとぽいトップページへ
第2回200文字小説コンテスト
 1  8  9 «〔 作品10 〕» 11  31 
この世界が朽ちゆく終末の夜に
 投稿時刻 : 2018.04.05 02:24
 字数 : 200
5
投票しない
この世界が朽ちゆく終末の夜に
和田島イサキ


 和男の尻にぬるぬるした金属の棒を差し込みながら思た、おれなにしてんのかなて。
 仕方がなかた。だて千円くれるて言うから。おれには金がなくて、和男は完全に酔ていた。棒はどんどん入た。おれも酔ていた。友達の尻の穴はおれが思ていたより深くて、そんなことは一生知りたくなかた。左手に握りしめた野口英世が、尻に入ていく棒をただ見つめていた。おれも見ていた。よれた英世は死んだ母さんに似ていた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない