てきすとぽいトップページへ
第2回200文字小説コンテスト
 1  7  8 «〔 作品9 〕» 10  31 
舞う桜
あち
 投稿時刻 : 2018.04.05 02:14 最終更新 : 2018.04.06 13:22
 字数 : 200
5
投票しない
更新履歴
- 2018.04.06 13:22:23
- 2018.04.05 20:36:28
- 2018.04.05 02:14:25
舞う桜
あち


 「もう忘れたら?」
風に舞う桜の花とキミの呟きがボクの心をざわつかせる。
 「そうだね。」
ボクはどこか遠くを見ながら返事をした。
 忘れるなんてできない。忘れたくない。桜の花と一緒に新しい世界へ飛び込ん行たあの人。にこり笑てボクの前から消えたあの人。
 地獄の釜で焼かれてもアナタを思えるのなら、それでいい。心の中にずとアナタを住まわせる事ができるなら、それでいい。
 風に舞う花をアナタも見ているのだろうか。
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない