てきすとぽいトップページへ
第2回200文字小説コンテスト
 1  28  29 «〔 作品30 〕» 31 
赤い糸
 投稿時刻 : 2018.04.22 21:46 最終更新 : 2018.04.23 00:00
 字数 : 200
5
投票しない
更新履歴
- 2018.04.23 00:00:05
- 2018.04.22 23:59:04
- 2018.04.22 21:46:48
赤い糸


「手を探してくれない?」
 彼女は最近、怪我で左手を手首から先を失た。
 僕は意味がわからなかたけど、それに付き合う。
「私に手がないから、貴方は優しいのかしら?」
 それを否定することが出来なくて、僕は苦笑いを浮かべる。
「自分で切たの。そのあと逃げちた」
 どうしてそんなことをするのだろう。
「私の赤い糸が貴方に繋がていないことがわかたから」
 彼女は悲しそうに笑う。
 それを見た僕の小指を何かが引た。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない