てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
考える箱
 投稿時刻 : 2013.05.17 23:37
 字数 : 2410
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2013.05.18 19:13
ひやとい @hiyatoi
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
ありゃ~まいったなあって感じ。

プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
えっほんとに爆弾なのかな。あまりに唐突に自分が何たるかを自覚したように見えたので、疑うべきなのかな、と思ってしまったんですが、そういう読み方であってるのかしら・・・
お話の全容が見えてこないのに、どうなるんだどうなるんだと手に汗握りながら読ませていただきました。ところどころ挟まれる回想エピソードの情緒的(っていうのかしら?)なのがまた面白くて。締めの一文でハラハラ感が最高潮に達する。こういう読後感の掌編、いいなー。

プロフィール画像
2013.05.26 00:30
茶屋 @chayakyu
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
シュルレアリスム的な不条理感ですね。

プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
日差しがプライバシーを侵害するとか、共感できる考察がなされていると思いました。とはいえ自分がこのような状況に置かれているわけではないので、何とも不思議な味わいです。なぜ箱が思考できるのか分かりませんが、無機物の擬人化は面白いですね。爆弾入れというのは本当なのかどうか。様々な解釈が出来る、奥深い作品だと思います。

コメント前に
する
ネタバレを含む