てきすとぽいトップページへ
第44回 てきすとぽい杯
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  15 
一筆啓上仕り候
 投稿時刻 : 2018.04.14 23:29
 字数 : 1136
5
投票しない
一筆啓上仕り候
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


 チチ、という、声で、我に返た。
 春の風が、河川敷の葦をさらりと揺らした。
 私は草むらに座り込んだまま、反射的にその葦の茂みに視線をやた。
 空はよく晴れていて、辺りは眩しくて、とてもつらい。川面も周辺の若葉もまだ茶色い葦もみんな輝いて見える。

 チチ。

 もう一度聞こえたその音が、小鳥が喉を鳴らしている音だと思い出した。囀りとは違う、地鳴きという。
 ホオジロ科の声だ。でもなんの種だたかまで思い出せない。アオジ? カシラダカ? いや、季節的に、標高の低いここには出ないだろう。ホオジロか。
 急に頭の中に、何年も前に辞めた趣味の知識が急激に甦る。かつて野鳥に興味を抱いていたことすら、今の今まで忘れていた。
 かつて、ボーナスで買た安い双眼鏡とカメラ、amazonで買た誰かのお古の図鑑を首に下げて、週末は近所の山に登てばかりいた。
 そんなことをする余裕もなくなてしまたのはいつからだたろう。それすらも思い出せない。
 チチ、という地鳴きの声は何度も聞こえる。ほんの数十メートルの藪の中に、いるのは明らかだた。私はそれをじと見つめる。風が揺らしていると思ていた葦が、時々それとは別に不自然に揺れるのがわかた。腰が重くて、体がだるくて、その場から動けない。でも視線を外せない。葦と葦の合間を絶えず何か小さな陰が動いている。地鳴きの声の主であることは明らかだが、はきりと姿を確認することはできない。

 チ
 チ

 ちらりと影を見せては葦の影に隠れてしまう。
 昔の癖を思い出して、姿を見ようと凝視してしまたが、もう、疲れてしまた。
 私はゆくりと立ち上がた。
 前日の雨で、川は増水している。足を踏み入れれば、すべてが終わる。
 そう、思た時だた。

 チ

 地鳴きが小さく途切れ、小鳥の影が突然私の真正面を横切た。
 反射的にそれを目で追う。
 少し背の高い枯れ木のてぺんに、それは止また。
 茶色い背中に、白黒のはきりした模様が特徴の顔。ホオジロのオスだ。そうだ、あの地鳴きはホオジロのものだた。
 どこからでも目立つ場所に立たホオジロは、堂々と、囀りだした。

 一筆啓上仕り候。

 ホオジロの鳴き声はそんな聞きなしを充てられることが多い。私はそんな風に聞こえたことは一度もない。
 ただただ、美しくよく通る声が、リズミカルなフレーズを、人のいない寂しい河川敷に響かせた。
 ああ、春だ、と思う。
 厳しい冬を越えた鳥たちが、新しい命を生み出すために、全身全霊で戦い抜く季節だ。
 美しいホオジロの歌声は未だ繰り返されている。
 私は泥汚れの混じた砂利の上に、膝から崩れ落ちた。
 最後にこの声を聞いて、死ぬなんて、できるだろうか。
 まだ生きる力が私にも残ているかも知れない。そんな風に思てしまた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない