てきすとぽいトップページへ
第44回 てきすとぽい杯
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  15 
置き去りの想い
 投稿時刻 : 2018.04.14 23:33
 字数 : 660
5
投票しない
置き去りの想い
白取よしひと


 母はアキオの前で涙をみせたことはなかた。
白布をめくると、その母の前でアキオは涙を落とした。もはや叶うこともない願いを残したまま、母は沈黙の人となた。
 八王子の春は残酷なくらいうららかで、白布は差し込んだ日差しを強く返した。
 こみ上げるものを鎮めようとしたのか。窓辺へよると、山肌いぱいに白蟻のように墓標が群れていた。 姿かたちの一様な石たちは、アキオの慟哭をひとめ見物しようと固唾を呑んで見あげた。
 彼の地でちいさな箱に入れられた母は、アキオとともに長旅を終えた。
 アキオは母をテーブルに置くと、台所へ目をむけて立ち尽くした。何を求めているのか、流し場を見詰めたまま動こうとしない。
 少しだけ若く見える母は、流し場に顔を埋めていた。轟々と流した水で顔を洗ているのだ。その姿を、学生らしい線の細い男が見詰めている。男はいたたまれない顔で、母を置き去りに二階へと駆けあがた。
(あれは……
 高校生のアキオだた。些細なことで口論となり、弾みで母の肩を押したのだた。
 母はアキオに涙を見せたことはなかた。それを守り通すために、突然顔を洗い始めたのだ。記憶を辿るように、アキオは二階を見あげた。母に手をだしたのは、あれが最初で最後だた。 今ごろ高校生のアキオは、やりきれない気持ちでドアを背に、膝を抱えているのだ。
 台所へ目をもどしたアキオは、母の姿を確かめることができなかた。
「ごめん。とうとう謝ることができなかたよ」
 膝をつき、涙を落とすにまかせたアキオは台所を見あげた。
 そこにはタオルを手にした母が、笑ているように見えた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない