てきすとぽいトップページへ
第47回 てきすとぽい杯
 1  7  8 «〔 作品9 〕
ケット・ルーと雲
 投稿時刻 : 2018.10.20 23:45
 字数 : 598
5
投票しない
ケット・ルーと雲
小伏史央


 ケト・ルーの背中に寝転がて、雲の動きを眺める。こうしているのが何より好きで、暇なときでも暇じないときでも、私はふかふかの毛に身を沈めて、ぼーと空を眺めに来るのだ。


 私の村は山々の連なたふもとにある。その山並みは竜脈と呼ばれていた。この世界の果て、竜の棲むところと繋がる熱が、地下水のように山並みに沿て流れているのだという。その熱は特別な熱で、恩恵を受けているこの村ではどんな作物でもよく育つのだという。熱そのものを採取できないものかと、王国から研究者たちがやてきたりもしていた。
 ケト・ルーは巨大な猫だ。研究者たちが建てた研究施設ほどは大きくないけど、私たちが住む民家のどれよりも大きい。
 ケト・ルーはいつも同じところで丸まている。山に入て少し歩いたところに、ひときわ地面が温かくなている大きな窪みがあて、そこにすぽり納まるように丸まているのだ。
 私が物心つく頃には既にそこに丸まていた。研究者によるとあれは珍しい生き物ではなく、竜の亜種であるらしい。鱗も翼もない、こんなにふわふわした体なのに、どうして竜に含まれるのかは、よくわからなかた。


 雲が山並みの源流へと流れゆき、夕焼け空になた。私はケト・ルーの背中で立ち上がり、鋼鉄のようなヒゲをはしごにして地面に下りる。
「また明日。ケト・ルー
 今日も、のんびりとした時間を過ごした。
 これからもそうであればいいなと思う。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない