てきすとぽいトップページへ
第47回 てきすとぽい杯
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8 
in out of cocoon
 投稿時刻 : 2018.10.20 23:39
 字数 : 2716
5
投票しない
in out of cocoon
犬子蓮木


 大きな繭があた。
 周りに人はいない。
 僕だけがこの繭を載せて走る電車に乗ている。
 車窓からおだやかに晴れた青空と高架下の落ち着いた町並み、走る車や歩いている人たちが見えた。
 いつからこの電車に乗ているのだろう。
 どうしてこの電車に乗ているのだろう。
 この電車はどこに向かているのだろう。
 僕は誰だけ?
 なにもかもがわからないまま、僕は繭に近づいて手を触れた。手を通して繭の鼓動を感じる。ドクンドクンと脈打ている。生きている。否、生きていると言ていいのかはまだわからない。生まれていない状態を生きていると言えるのか、定義があいまいだ。
 繭にはうすらと影が浮かんでいる。人の形が二つ、丸まているようだた。
 僕は振り返る。
 僕の背後に繭はない。
 僕の前には繭がある。
 僕は繭から生まれたのではないということか。
 僕の役目はこの繭を見守ることなのだろうか。
 なにから?
 そう思たときに、僕の手には包丁が握られていた。そうか、見守ることではなかたか。包丁とともに僕の頭にはメセージが届いていた。それは明確に言葉にできるようなものではなく、抽象的な概念で、色を付けるなら黒いものだた。
 僕は包丁を繭に振り下ろした。
 ますぐに線をいれる。空いた隙間から手をいれて、力いぱい開いた。
 中から粘液にからまた人が転がり落ちた。ふたりとも目をつむている。脚には綺麗な鱗がいくらか並んでいる。僕は包丁を握り直すと二人の脚から鱗を剥ぎ取りはじめた。
 この鱗は高く売れるのだ。
 僕はこの鱗を取りに来たのだ。
 手が血塗れになた。
 鱗も血に塗れた。
 でもそんな血は後で洗い流せば綺麗に落ちる。今の一瞬、心が傷んでも一週間後には忘れることができるだろう。そうやて繰り返し生きてきたのだ。
 窓の外が暗くなていた。窓に映る僕の額に二本のツノが生えていた。鬼だ。はじめからそうだたのか、いまそうなたのか覚えていない。鬼は涙を流していた。どうして泣いているのだろうか。
 せかく綺麗な鱗が取れたのに。
 とても高く売れるのに。
 嬉しくて泣いているのだろうか。
 きと、そうに違いない。
 電車が止また。合成音声のアナウンスが終点を告げる。僕は鱗をしまた袋を持て立ち上がた。足元の二人はずと目を瞑た。もう死んでしまているのかもしれない。
 扉が開く。
 僕は一人で電車から降りる。駅には人がいない。建物の中のホームからは空も見えなかた。階段を登ていく。改札を出た。まだ建物からはでることができていない。外に出るにはどこへ行けばいいのだろうか。
 地図の看板の前に立た。
 僕の隣に少年が立ていた。少年の頭にはツノがはえている。
「そのツノはなに?」
「がんばた証だよ」
 少年が不思議そうに答え、それから問い返してきた。
「君のツノは違うの?」
 僕のツノは……。答えることができなかた。
 ふいに世界がゆれた。
 眼の前が割れた。
 僕は繭から出た。
 眼の前には人がいた。
 僕よりはるかに大きな人だた。
 人の手には包丁が握られている。
 この人は僕たちのツノを取りに来たのだとなぜかわかた。
「逃げろ!」少年が言た。
 ここはどこだ。
 また電車の中にいた。
 僕と少年は電車の中を逃げる。
 電車はガタンゴトンと走ている。
 外は夕焼けで赤かた。
 人は包丁を持て僕らを追いかけてくる。
 先頭車両。
 もう逃げられる場所はない。
 戦うしかない?
「どうして逃げるの?」人が言た。
「僕たちを殺そうとしているから」僕が答えた。
「じあ、ツノだけならいい?」
「いいわけないだろ!」少年が言た。
 人が考えるようなそぶりをみせる。
 僕は思いついて袋から鱗を出した。
「この鱗をあげるから見逃してもらえないかな」
 僕はこの鱗の価値をあわてながら説明する。とても綺麗で、とても高いものだと。ツノよりもとてもいいものじないかと説明した。
 人は言た。
「鬼のツノは、とてもいい薬になるんだ」
 人は続けた。
「綺麗だとか、お金の問題じないんだよ」
 人は話した。
「だから、その薬で救われる大勢の人たちのために犠牲になてほしい。命までは取らない。いいだろ?」
 僕と少年は目を見合わせた。
 それから二人で、目の前の人に突進した。
 なんとか押し倒して暴れて抵抗した。
 けれどすぐに引き剥がされた。
 少年が鬼に押さえつけられて、片方のツノを切り取られた。
「あと3本」人が言た。
 僕は逃げ出した。ツノを切られた瞬間の少年の目が頭に染み付いている。それでも立ち向かうなんてできなかた。自分だけでも助かりたいと思た。
 電車の後ろに逃げていく。
 一番、後ろの車両に入た。
 大きな繭があた。
 周りに人はいない。
 繭には人の形をした影が二つ浮かんでいた。
 電車が止また。
 扉が開く。
 逃げなくちいけない、でも、この繭の中には高価なものが入ている。
 僕の手にはなぜか包丁が握られていた。
 背後の車両をつなぐドアが開いた。
 あの人が、少年のツノを取り終えて追てきたのだ。
「それで刃向かうつもり?」
 僕は首を振た。
「じあ空いたドアから逃げる?」
 僕は泣きながら首を振た。
「この繭の中には……とても高価な、ものが、入ているんだ……
 僕は泣いているせいでうまく声が出せなかた。
「綺麗な鱗よりももと高価なものが入ているんだ」
「お金の問題じないんだよ」人は言た。
「君はきとそうなのだろうけれど、僕はこの中の高価なものを持て帰らなくちいけないんだ、だから……
 僕は自分のツノを包丁で切り落とした。
 手に載せて、人の前に放り投げた。
「これでいいんだろう?」
 人が僕のツノを拾い上げて袋にしまた。人が電車から降りて去ていく。
 電車の扉がしまて、走り出した。
 窓の外は朝の青空が広がていた。
 僕の手には血のついた包丁が握られていて、僕の前には繭があた。
 電車はガタンゴトンと走ている。
 僕は繭に手を添える。ドクンドクンと脈打ている。
 包丁で縦に線をいれた。
 繭を力いぱい開くと中から翼を持た人が転がり落ちた。二人は目をあけて僕を睨みつける。
 この翼がとても高く売れるんだ。
 そのお金があれば、友達を救えるんだ。
 僕が二人を殴りつけて翼を剥ぎ取ろうとする。
 二人は僕を突き飛ばして、押さえつけきた。
「どうして僕を攻撃するんだ。ツノが欲しいのか? よく見てくれ、僕にはもうツノはないんだ」
「お前がわたしたちを傷つけようとするからだ」
 僕は殴られた。何度も殴られた。
「翼をわけてくれるだけでいいんだ。命までは取らない」
「ふざけるな」
「僕の友人の命がかかているんだ」
「そんなことは知らない」
 わけがわからなかた。
 僕はもう抵抗することもできなかた。
 どうして僕は殺されるのだろうか。
 もう、僕の体に価値はないのに。                 <了>
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない