てきすとぽいトップページへ
第47回 てきすとぽい杯
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  9 
 投稿時刻 : 2018.10.20 23:34
 字数 : 1128
5
投票しない
竜の繭
ra-san(ラーさん)


 土地のガイドの話だと、この山脈に広がる森林の中に竜の繭があるという。
「とても大きな繭なので、“竜の繭”と呼ばれています」
 道すがらのガイドの説明に、私は疑問を訊ねる。
「大きいから竜と呼ばれているなら、中身は竜ではないのかね?」
「そうかもしれませんし、そうでないかもしれません。最も古い文献記録では二千年前から繭としてそこにあたそうです。繭の繊維を調べた学術調査では推定一万年五万年前のものであるとされています」
 つまり、わからないということである。ともかく百聞は一見に如かずである。私達は木々に埋もれた道とも言えない森の小道を掻き分けて、繭の元へと向かた。
「着きました」
 森の奥、切り立た山崖の根こに当たる場所にそれはあた。
「確かに大きな繭だ」
 高さは人の背丈で十人から十五人程度、周囲は人が手をつないで百人囲んでも足りないぐらいの大きさはあるだろう、白い繊維質のものに覆われた物体がそこにはあた。なるほど、“竜の繭”と呼ばれるのもうなずける巨大な繭である。
 しばし、しげしげと繭を観察する。
「これが孵化をしたらなにが出てくるのか」
 私の呟きにガイドが答える。
「様々な想像図が描かれてきましたが、やはり鱗に覆われ角や翼が生えた竜の姿のものが最も多いようです」
 そのイメージは確かにしくりくるが、少し物足りない感じもする。自分だたらなにをイメージするか。その材料が欲しくなり繭に触りたくなた。一応ガイドに確認する。
「触てもよいのかね?」
「特に保護や保存の法令がある訳ではないので」
 大丈夫らしいので繭に触れてみる。思た以上にふわりとやわらかく、そしてあたたかい。生き物の温もりがそこにはあた。ウサギでも撫でているような感触である。すると繭全体がひとつの生き物のように思えてきた。
「なにか優しい感じがする。竜のような強く恐ろしい印象は湧かないな。私だたらもとあたたかみのある動物、たとえば白くてふさふさしたウサギのような生き物をイメージするな。竜以外の想像図はないのかね?」
 そう訊かれたガイドは「ああ」となにかを思い出したように少し空を見上げてから答えた。
「白くてふさふさといえば、面白い想像図がありました。これは繭ではなくヒゲの塊で、この中心には自分のヒゲに包まれて眠る古の賢者がいるというものです」
「ヒゲ」
 そう言われてあらためて繭を見る。すると不思議なことに、この繭がヒゲの塊のように見えてきた。
「ヒゲか」
 もう一度触る。繭の繊維を手で梳くと、そのやわらかい感触がよくトリートメントされたヒゲに思えてきた。
「ヒゲか……
 そのイメージは森から戻り宿のベドで就寝する時まで残り、諦めた私は目を瞑て繭のようなヒゲの中で眠る古の賢者に想いを馳せた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない