てきすとぽいトップページへ
第47回 てきすとぽい杯
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  9 
涙のウロコ
 投稿時刻 : 2018.10.20 23:35
 字数 : 1578
5
投票しない
涙のウロコ
住谷 ねこ


病室に着いたとき彼女はまだ眠ていた。
安らかに眠る彼女を僕はじと見る。

毎日なにも変わらないようだが
すらと髭がのびている。

もともとそうだたのか
こんな体になて手入れをしなくなたからなのか
前より毛深くなたような気がする。

ふと思いついて布団から腕を取り出して持ち上げる。
腋毛ものびている。

腋毛を一本つまんで引てみる。
何も反応はない。
手首を握る。

とくとくとくとく…………
規則正しく脈をうつ。

ぱり、手入れの問題なんだろうな。
と納得して布団をかけなおし、この場合僕が手入れをしてあげるべきなんだろうか
と考えてみる。

彼女は僕の奥さんだ。

だけど 目が覚めたとき
彼女には地獄が待ている。

彼女の口癖は
「もういやだ」
「つかれた」

そして「死にたい」だ。

ここ半年くらいは いやだも 疲れたも通り越して
ひたすら「死にたい」と呟いていた。

どうしてそんなに死にたいのかは
彼女にしかわからない。

そんな風に死にたが
死にたい死にたいと言いながら
それでも 毎日 掃除機をかけ
洗濯をし、食事の用意もして……
といても 料理はあまり好きではないらしく
たいていはスーパーで買たお惣菜だたけど。

とにかくちんと用意をしていた。

だから「死にたい」といても
あまり心配していなかた。

そうして変わらない毎日を送るうち
「死にたい」という言葉も
ただの口癖だと気にもしなくなた。

そんなある日、突然 彼女は飛び降りたのだ。

僕らの家は細長い三階建ての建売で
狭いけど三階の上は屋上になていて
洗濯物が干せるようになている。

いつものように普通に 死にたい死にたいと言いながら
掃除をし洗濯をし 洗濯物を干している途中だたらしく
シーツと一緒に落ちた。

第一発見者および 救急車を呼んでくれたのは
隣の奥さんで 隣の奥さんはそのまた隣の奥さんと
玄関先で話をしている最中で

ドスンと 鈍い音を聞いた。
少し地面も揺れたような気がしたと後で言ていた。

振り向くとシーツが落ちていて
白いシーツは翼のようで
はじめ、大きな鳥かと思たそれは見る間に赤く染まていたのだという。

高さで言うと……
8? 9メートルぐらいだろうか?

そのくらいの高さから落ちた時の
死ぬ確立がどれくらいなものかは知らない。
人はもと高いところから落ちても助かたり
打ち所が悪ければほんの数段で死んだりもするからだ。

彼女はそれがいいことか悪いことか……
まだわからないが、とにかく一命を取り留めてしまた。

もちろん状態は優しくない。
足は両方とも複雑骨折あるいは粉砕骨折で
右足は木の根このように捻じれて
もうどうにもならなくて切断した。

クビの骨が折れたので麻痺が残る。
それがどの程度のものかはまだわからない。

全身麻痺かもしれないし 半身かもしれないし
車椅子に乗れるかそれともずと横たわたままかもしれない。

今のところは首から下 なんの感覚も無く
クビも折れたままぐらぐらなので
少しでもずれると呼吸が止まてしまうから
ものすごい まるで拷問のような器具で固定されていて
なにひとつ動かすことはできない。

落ちて一週間、彼女の毎日は
目が覚めると恐怖と絶望のためか
目を大きく見開き 口をあけている。

たぶん泣いているんだと思う。
涙がいくらでも流れてくる。
声は 出ないのか 出せないのか
開いたままの口は ずと叫び声をあげているんだろうと思う。

とそうしているのは きと疲れるんだと思う。
しばらくすると彼女は眠る。

もし 話すことができたなら
彼女は また「死にたい」というだろうか
もう自分では何もできなくなてしまたから
今度は「殺してくれ」というだろうか
もう二度と起きたくないと。

殺してくれと言われたら
僕はどうするだろうか。

死にたいといていた彼女を放置したように
ぱり知らんふりをするだろうか。

何もできなくなり絶望する彼女を
それでも生きてくれというほどの強い思いを
僕は見つけることができない。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない