てきすとぽいトップページへ
第48回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉
 1  7  8 «〔 作品9 〕» 10  14 
ショートコント
 投稿時刻 : 2018.12.15 23:49
 字数 : 2188
5
投票しない
ショートコント
塩中 吉里


 季節は十二月も半ば。忘年会の季節だ。
 というわけで入社一年目の結城トシオと南リカは、定時早々に居酒屋にこもて、忘年会向けの余興を考えているのだた。
「でも私、中途採用だから新入社員てわけじないんだけど?」
 南が慣れた調子で「とりまビール二つ」と店員に告げる。言葉の通り、南は第二新卒ですらない転職組の、アラサー独身女である。
「南さんがやてくれないと僕一人でやる羽目になてしまいます」
 言うわりに表情は全く困ていない、ロボトのような能面で結城がこたえた。
「結城くん一人でやてもぜんぜんいいジン。世の中にはアールジウハチグランプリていうのがあてね……げへへ」
「もしかしてそれピン芸人が出るRー1グランプリのこと言てます? ていうか南さん、もしかしてもう酔てます?」
「一滴も飲んでないつーの。そんなことよりさ」南の眼が不穏な気配を含んであやしく光る。「私の考えた最強の爆笑ネタがあるんだけど、二人でそれ演てみない?」
「すみません、南さんのことがよく分からないのですが……余興の参加、しぶてます? それともノリノリなんですか?」
「そりもうノリノリの則子さんよ」
 則子とは南の父方の叔母の名である。
 ちうど届いたビールをグイと景気よく流し込み、「くわあー」と溜めたあと、南は結城の冷めた眼をのぞき込んだ。
「結城くんてさー、真面目じん」
「よく言われます」
「そこが目のつけどころなんだよね」
「と言いますと」
「そういう普段お堅い人に、ええ、て感じのことをさせれば、まあ大爆笑待た無してこと」
「なるほど」
「てなわけで、チンコ出しな、結城くん」
 枝豆をぱくつきながら、南はセクシルハラスメントをかました。結城がなにかを言うより早く、「つても、ただ出すんじだめだから」と南は続けた。
「何の考えも無しにボロンてやうとさ、警察沙汰になるからね。出すふりをするわけよ……ほら、それこそ芸人がやてるあのスタイルを踏襲するの。『シトコント・チンコを出す男』て前置きしたあとにチいとジパーを下げるジスチをすりあこちのもんよ。なんなら擬音で『ぴろーん』とか『ぽろーん』て言うのもアリだね……自信があるなら『ボロン』でもいいんじない?……
 爆笑の渦が見える! と言い切て残りのビールを飲み干すと、南は豪快に口元をぬぐた。「どうよ?」
「品が無いと思います」
 普通の女性ならば涙がこぼれてしまいそうなほど冷徹な眼と態度で結城が告げる。だがアルコールでぼやけた南の情緒にはそれらはなんの作用も及ぼさなかた。
「そーこが狙いなんだて。結城くんの真面目なキラを生かすんだて」
「はあ……
「え? なに? もしかして気が乗らない? こんなんじ爆笑させられないて?」
 通りがかりの店員にすみませーんビール一つ追加お願いしまーす、と事づけて、南は額を指でもんだ。この若者はチンコぽろーんじ爆笑できないかもしれないと危惧しているのだ……見どころがあるじないか!
「結城くんは真面目なんだなあ。そこまでガチのマジで笑いを追求するていうなら、私もとておきの必殺ネタを提供してあげないとね」
「南さんは人の話を聞かないて言われませんか?」
 結城はビール代わりにお冷やを南に差し出したが、そのままついと押し返された。
「本気でやるなら、タイトルを変えるのよ。『シトコント・チンコを出す男』じなくて、『シトコント・近所の銭湯に月水金だけ現れるチンコプターおじさんのモノマネ』て感じに。タイトルが出オチ気味なところは結城くんのブルンブルン演技でカバーすればオーケーだから!」
 どや! と酒臭い鼻息をフンフンさせながら南は結城を見た。結城は相変わらずの冷静な顔をしている。
「さき南さんは二人で演るて言ていましたけど」
「ああ? うん、言た言た」
「僕がチンコでヘリコプターを演るとして、南さんはその間なにを披露するんですか?」
「私は結城くんの横で手を顔に当てて『き、いやーん』てやるんだよ。女子力がえげつないレベルで上がるからね、マジで。上手くいけばクリスマスまでに彼氏ができるかも分からんわ」
「南さん……
「なに?」
「裁判すれば、たぶん南さん負けますよ」
「ええ?」
 というわけで裁判に負けずに爆笑を取れるラインを二人で探りに探た結果、忘年会本番では『シトコント・わき毛と言わせたい女』が採用になたのだた。

 ――「シトコント・わき毛と言わせたい女」。
 ――ねえねえ結城くん。
 ――なんですか。
 ――脇に生えている毛のこと、なんていうか知てる?
 ――え? 脇に生えている毛、じないんですか?
 ――違うて。脇に生えている毛だよ?
 ――だから脇に生えている毛、じないんですか?
 ――ないて。脇に生えている毛を表す言葉があるでし
 ――だから脇に生えている毛、じないんですか?
 ――もう、ヒント出しちう! 「わ」から始まて「げ」で終わる……
 ――だから脇に生えている毛、じないんですか?
 ――それじ最後の文字が「げ」にならないじん! もう一個ヒント、三文字!
 ――輪投げ?
 ――大喜利じねーんだぞ! おとマジギレしてしま……なくて。とぼけないでよ、脇に生えている毛のこと、なんていうのか……

 南はクリスマスを一人で過ごしたという。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない