てきすとぽいトップページへ
勝手に連動 第5回ぽい杯スピンオフ賞
 1  2 «〔 作品3 〕» 4 
PANDORA BOXS
茶屋
 投稿時刻 : 2013.05.24 22:09 最終更新 : 2013.05.26 16:00
 字数 : 4359
5
投票しない
更新履歴
- 2013.05.26 16:00:02
- 2013.05.24 22:09:54
PANDORA BOXS
茶屋


 僕は、いたい。
 どこにいるのだろう?
 ここは。
 いたい。

 見渡す限りの平地。灰色の雲が太陽を覆い、微粒子を含んだ空気が視界を不明瞭にしている。
 少年は彷徨ていた。
 あてどもなく。
 記憶もなく。
 ただ、探すべきものもわからぬまま、探していた。
 
 お母さん。

 そう、心のなかでつぶやいてみたものの、その言葉が何を意味するのかよくわからなかた。

 お父さん。

 ただ、何だかその言葉を思い起こすたびに、少年の心には僅かな痛みが去来した。
 少年はふと立ち止まる。
 立ち止まると、もう動けないような気がした。
 孤独と悲嘆と恐怖が少年の中で広がていた。

 助けて。

 心のなかで悲鳴をあげた時、少年の耳に音が聞こえた。
 音。
 
 声。

……将」

 少女の声のようだた。
 少年は慌てて周囲を見渡す。だが、そこには何もない。人の影も形も無い。

「御大……

 まただ。
 また聞こえる。

 すぐ近く。

「おぬしが、御大将で御座るか」

 今度ははきりと。

 少年は今度ははきりとその声を捉える。
 そして、その声の発信源を捉える。
 箱が、埋まていた。

 Boy meets Box.

 物語は始まる。


― PANDORA BOXS ―

「な、俺達が出会た日のこと覚えてるか?」
 キサラギは荷物にもたれかかりながら、手にした薪を弄びながら言た。
「御大……
「ん?」
「死亡フラグて奴か」
「縁起悪こと言うなよ」
 キサラギは鬼切を笑いながら一瞥したあとに、夜空を見上げた。
 関東の空も随分綺麗になたものだと思う。
 あの頃は、関東消失後に舞い上がた特定粒子の影響で、夜空に星なんて見えなかたはずだ。
 だが、キサラギは思うのだ。
 あの頃、夜空を見上げたことなどあただろうかと。

 関東大消失。
 一夜にして東京を中心とした関東が消失した現象のことである。
 原因は不明。事件から十五年経た現在にいたても明らかになていない。
 その一因として戦争が始またことがあげられる。
 はじめは中枢を失た日本に対する、他国からの侵略だた。
 防衛と撤退、侵攻と侵略。
 分裂と分断、停戦と開戦。
 様々な紆余曲折があて現在は東北自治領を中心とする蝦夷・奥羽越列県同盟と西日本民主主義共同体が関東を前線として断続的な戦闘を繰り広げている。
 その戦闘の中心となているのが、『契約の箱』を有する者たちだ。
 関東消失ですべての建物、生物、記憶が消え去た中で、唯一生き残た者達。
 「契約者」
 彼らはそう呼ばれている。

 ミナコは叱責を受けていた。功を焦りすぎ、隊に報告せずに単独でキサラギを追跡したのだ。
 そしてキサラギに対する奇襲攻撃は失敗した。
 やはり、報告すべきだたのだ。
 いまさら悔いても仕方がないことだが、どうしてもその感情を抑えることは出来ない。
 部屋に帰るとその気持がいそう強くなり、どうしようもなくなた。
「グラーシーザ、頼む」
「Jawohl, Herr Leutnant」
 グラーシーザはそう声を発すると、箱を展開し、熊のぬいぐるみへと形を姿を変える。
 ミナコはそとグラーシーザを抱き寄せると、部屋の隅に座た。
 そして目をつむる。
 子供の頃からの癖だ。嫌なことがあるといつもこうやて部屋の隅でぬいぐるみになたグラーシーザを抱いて寝る。
 そうすると嫌な気持ちも薄らいでいく。
 記憶を失う前の平穏に、帰れるような気がするのだ。

<中略>

 列県同盟の契約者・スメラギは望遠鏡を覗き込みながら吸ていた煙草を投げ捨てた。
 関東のシルターから見つけ出したものだ。酒も煙草も十分な量確保した。
「さて、いいかげんお仕事すかな」
 望遠鏡越しに見える共同体の前線基地の建物の屋上には歩哨が数名いる。
「烏号」
「あいよ」
「ステルス装甲と消音装置付きの小銃装備で行くぞ」
「あーはいはい。狙撃じなくていいんかい?わざわざ近づかなくてもいいんじないかい?」
「この距離の狙撃じ次発までの間に死体に気づかれちまう。近距離で迅速に処理したほうが確実だよ」
「なるほどね。やぱり頭いいな兄は」
「だろ?」
 スメラギはニヤつきながら烏号に展開の指示を出す。すると烏号は箱から不可視の鎧へと姿を変える。
 鎧はスメラギの体を包み込み、その姿を覆い隠した。
「兄……
「何だ?」
「いいにくいんだけどさ」
「なんだよ」
「カツラギが接近中だよ」
「マジかよ……
 スメラギは面倒くさくてしかたがないというような表情をしたが、透明なのでそれは見えなかた。

「突込むぞ!!アパラージタ!!」
「合点!!」
 土埃、いや土煙を上げて突き進む巨大な影が共同体の前線基地の前線基地に接近を開始し始めていた。

「「うお!!!!!!」」

 兵士たちの銃撃も物ともせずに巨大な影は前線基地の壁をぶち破る。
 影は、戦車だ。
 敵の銃弾を物ともせず、基地内に入た戦車は砲撃を次々と打ち込んで破壊の限りを尽くしていく。
 戦車は契約者カツラギが乗り込んでいる「契約の箱」アパラージタである。
「行くぜ相棒!」
「おうさ!!」

「やれやれ、派手にやてくれるねカツラギくんも」
「またくだね」
「帰るか……
「駄目だよ兄、仕事仕事」
「はたくし

<中略>

「展開」
 ミヤコとミヨコはそれぞれアイギス、雷公鞭を装甲形態にして身を包んだ。
 二人の眼の前に経つのは長身の男である。白髪、赤眼の男。
 男はその独特の雰囲気と箱たちの感知した反応から契約者と思われたが、共同体にも列県同盟にもそのデータはない。
 それどころか、箱らしきものも持ていない。
「既に展開して、伏せているかもしれない。警戒しろ」
「わかてる」
 ミヤコとミヨコはジリジリと男との距離を詰めている。男はつまらなそうな表情をしているが、二人は装甲を通してその異様は気配を感じていた。
 震えを抑えるのが精一杯なほどだ。
 どれくらいの時間が過ぎたのか。
 二人は一定の間合いから一歩も動けなくなた。
 一歩も動いていないはずなのに、体力が奪われ、精神が蝕まれていくような気がした。
 落ち着こうにも、一瞬足りとも気が抜けない。
 動いたのは、ミヤコだた。
 何か気迫のこもた声を上げて、一歩前に踏み出そうとしたのは、ミヨコにも確認できた。
 だが、次の瞬間、ミヤコの姿が消えた。
 遠く、後方に吹き飛ばされたのだ。
 男の腕がいつの間にか大きな装甲に包まれている。
 いつの間に展開を?
 だが、考える暇などなかた。
 ミヨコは瞬時に攻撃に移る。
 瞬間的加速。
 風だけを残して、その姿は消え去た。
 男も不可解な表情で周囲を見渡す。だが、どこにもミヨコの姿はない。
「请吃!」
 雷公鞭の声と同時に、強烈な蹴りが男の顔面に繰り出される。凄まじいスピードで繰り出された蹴撃は衝撃波を伴うほどだたが、男は平然とした様子だ。
「マジ?」
「真的吗?」
 男はミヨコの足を掴むと、力任せに振り回し、何度か地面にたたきつけた後に、その体を放り投げた。
「ミヨコ!」
 放物線を描きながら空中に投げ出されながらも、Bio Steel製のワイヤートを射出し、男に絡みつかせた。
「Nice!行くよアイギス!」
「あいあいさー!」
 ミヨコが男と戦闘している間にミヤコは装甲形態解き、アイギスの姿を巨大なライフルへと変換していた。
 生成された弾丸が内部に発生したローレンツ力で速度10km/sで発射される。
 爆音と強烈な光が、一瞬の間に巻き起こた。
「やり!」
「やたねミヤち!」
 いつの間にか人型の形態に変化していたアイギスがミヨコとハイタチする。
「お前ら!反応消えてないぞ!」
 立ち上がたミヨコが見据える先には、立たままの男の影があた。
 だが、どこか、先ほどとは違う。
 男の顔は半分ほどこそげ落ち、代わりに金属光沢の見える別の何かが顔を見せていた。
「あれは……
「まさか……契約の箱を……
「体内に取り込んでいるのか?」

<中略>

 砂埃で埋もれかけた部屋で老人はキサラギに語りかける。
「消失は……
 一つの単語を発するたびに唾を飲み込んだり、お茶を飲んだりするのでもどかしい。
……情報過多による、エントロピーの、相転移現象が、引き起こしたものだ……
「何じそり
……確率は、低かた、だが、ゼロじなか……
「聞いてね-のかよ」
……わしは、警告、した、確かに、だが、奴らは、耳を、かさなんだ……
……
……わしは、精一杯、救た、救た、お前らを……

<中略>

 戦況は絶望的だた。
 暴走したパンドーラ、アパラージタは人格を失い、契約者であるカツラギを体内に取り込んだ。
 今やその姿は神話に出てくる怪物のような姿である。
「karmaNA bAdhyate buddhir na buddhyA karma bAdhyate」
 意味の分からない言葉を発しながら、周囲の人工物を次々とノイズへと変換していく。
 通常の兵器はまるで役に立たない。
 一時的な共同戦線を張ている列県同盟と共同体の契約者たちも有効な損害を与えられずに、戦闘不能状態に陥ている。
 あまりにも圧倒的な力だた。
 キサラギと鬼切の覚醒展開の力もアパラージタにいくつかの傷をつけることが出来たものの、致命傷までには至ていない。
 そしてついに、キサラギは力を使い果たし、地面に伏した。
「くそ
 戦えるものはわずかだ。その中で一番戦闘能力が高いものはミナコとグラーシーザのコンビだ。
 だが、だからこそ絶望的なのだ。
 戦えるといても右足に大きな傷を負ていて、動きも制限されており、グラーシーザの槍がアパラージタの装甲にほとんどダメージを与えないのも立証済みだ。
 もはや。
 特攻しか無いのか。
 グラーシーザのもつ力を全て相手にぶつければ、あるいは。
 だが、それは死を意味した。
 死。
 ミナコは今まで感じたこともなかた闇が直ぐ側にやてきていることに驚いた。こんなにも空恐ろしく、貪欲な闇だたのかと。
 怖くないといえば、嘘になる。
 やるしか無い。
 それしか方法はないのだ。
 一人なら、怖いかもしれない。
 けれども、グラーシーザと一緒なら。
 ミナコは決意を固め、足を一歩踏み出す。

 だが、そのまま前に崩れ落ちてしまた。
 何が起きたか理解できなかた。
 全身の力がすと抜けたかのような感覚。
 ふと、手に目をやると、生身の掌が見えた。

「え?」

 目の前に立つ、大きな影。

……グラーシーザ?」

 鎧から独立形態へと姿を変えたグラーシーザがミナコの前に立ていた。

「何をしている!早く戻れ!」
「Nein」

 グラーシーザはミナコの顔を見た。
 その表情はわからない。
 だが、その声には何かの決意に満ちていた。

「グラーシーザ!!」


「Auf Wiedersehen. Minako」

 グラーシーザは翼を広げ
 飛んだ
 輝く光を
 放ちながら

<中略>

「ここから始めるんだ、この場所、関東から」

<以下略>


メモ
白髪赤眼の男:ヤマタ
パンドーラ:アメノムラクモ
ヤマタノオロチが天叢雲剣を体内に持ていたことから。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない