てきすとぽいトップページへ
第49回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動7周年記念〉
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  13 
探偵と泥棒
みお
 投稿時刻 : 2019.02.16 23:39
 字数 : 3645
5
投票しない
探偵と泥棒
みお


 その男がドアノカーを叩いたのは、吹雪が煩い早朝7時。
 雪の積もたノカーはガチガチと氷のような音を立て、私の主人は眉を寄せる。
「こんな朝に仕事とは恐れ入る」
 煩いことと、時間外の仕事を嫌う男だ。
「非常識にもほどがある」
 彼の名は100もあるが、今はただシンプルに探偵と名乗ていた。
 そして彼は従者たるこの私の名前を捨てさせて、助手と名乗るように命じたのである。
 つまり、彼は傲慢で我が侭だ。
「断ろうか?」
「いや、受けよう。仕方ない、今は探偵なのだから」
 長い足を嫌味なほどに投げ出して、彼は甘い香りのパイプを長く長く吐き出した。


「捜し物がお得意と、お伺いしましたので、その、こんな時間に申し訳無い」
 領主の執事と名乗た男は、はげ頭に汗だか雪の滴だかを浮かべたまま、肩身が狭そうにソフに座る。
「急ぎ、探して頂きたいものが……できれば、今日中に」
「どこからそのネタを仕入れたかしらないが、私は探偵だ。捜し物だけなら最寄りの警視庁へどうぞ」
「いえ、それが、とんだ奇妙な話で」
「奇妙でも捜し物は捜し物だろう。私は薬をかぎ分ける犬じないんだ」
 つんと機嫌を損ねた探偵に、依頼主の男は困たように私を見上げる。
「本当に申し訳無い。私も先ほど主人にたたき起こされて、事情を聞いたばかりなのです。本当に、突飛な話で……そんな突飛なことを受けて頂ける探偵が、この屋敷に住んでいると噂に聞き、町からはるばる来たのです」
 町外れの森の奥、寂しいこの場所にある屋敷が探偵事務所だ。
 依頼が来ればそれを解決して金を得る。私はその助手。仕方なく、私は男にお茶を差し出し肩をすくめる。
「朝になてもますます酷い雪ですね。冬の長い国ですが、ここまで長く続く冬は久しぶりです。本来なら数週間前に春が来ているはずですが、まだ春の花も咲かない……
「それなんです」
 男はかと目を見開き、熱いお茶を飲み干すと、私の方にぐと体を乗り出した。
「行方不明になて、大層困ているのです。それを探して頂きたいのです」
「放蕩娘のお嬢様が男に入れあげて逃げたかな。それともベドで尻尾を振ていたマダムの愛犬が銃声に驚いて逃げ出したか……
「君、下品だよ」
 ぶらぶらと足を揺らす探偵を小突いて私はため息を付く。
「もう少しちんとしたらどうなんだ、君はそれでも………
「春泥棒です」
 男は意を決したように顔を上げた。
「春泥棒を探して頂きたい」


 男は寒そうな頭をこすりながらとつとつと語る。
 彼が言うには、この国の領主かつ男の主は大のコレクシン好き。あるとき、春夏秋冬を捕まえて地下のコレクシンコーナーに飾た。
「理解しがたい趣味だ」
 探偵は眉を寄せて男を睨む。男は困たようにますます小さくなた。
「とはいえその季節がくれば、鎖をつけて外に出していたんです。季節が巡らないのは困るでしう」
「ますます悪趣味だ。君の所の領主はどうなてるんだ」
「私もそう申し上げました。いつかひどいことが……今回のようなことが起こるのではと」
「今回?」
「春が消えました」
 季節を縛ておくのは難しい。
 目を離したすきにまず秋が逃げた。夏も逃げた。冬も、つい先日鎖を引きちぎて逃げてしまた。とうとうコレクシンコーナーに残たのは春の姫ただ一人。
 彼女はか弱く地下の檻の中で泣くばかり。
 しかし季節もそろそろ巡る頃。昨夜、領主は重い腰をあげて地下に向かた。
「そろそろ春にせねば、領民から恨まれます。そこで春に拘束具を着けて外に出すかと、主が地下に向かてみれば、そこにはすでに彼女の姿は無かたのです」
 男は泣きそうな顔で探偵の膝元に身を投げ出した。
「か弱い春のこと、一人で逃げ出すことはできないので、これは誘拐だ。泥棒です。今朝、彼女の檻は、すかり凍てついて壊されていました。無論、総力を挙げて探しましたが見つからず」
「ふん」
 探偵はつまらなさそうに足を組む。長いコートを不便そうに振るうと、欠伸をして立ち上がた。
「おい、こちへ」
「は……はあ」
 探偵はステキでカーテンの端をちいとあげて、窓を突く。
 それだけで、窓についた雪は溶けて白い靄だけが残た。
「何が見える?」
……雪、でしうか」
「雪の中をじいと見て見ろ、お前の目は節穴か」
 相変わらず傲慢な物言いで、探偵は口を尖らせる。
「白い雪の中に、花が咲いてる。あれは春に咲く花だ」
「あ……本当だ」
 男は目を丸くして、外を見た。数週間もかけて降り続く雪の中、確かにそこに赤い花が見える。春でなければ咲かない可憐な花だ。
 雪が積もてなお、それは美しく花開く。
「なぜ、春は浚われたのに」
「浚た? まだ分からないのか」
 窓を開くと、吹雪と共に風が激しく吹き込んだ。気がつけば屋敷は音を立てて揺れている。雪が、いや、冬がこの屋敷ごと掴んで揺らしているようだ。
 怯える男など気にもせず、探偵は優雅に揺れる紅茶を啜た。
「冬が終わり春がはじまる頃、季節は混じり合て幾度も行き来する。その間だけ、二人はすれ違う。ほのかに積もた恋心は、お前達の地下のコレクシンコーナーで花開いた。向かい合い、顔を見た。声をかけ、慰め励まし合……それは誰と、誰だと思う? 冬と、お前達が探している春だよ。秋が逃げ夏が逃げても冬は逃げなかた。冬が逃げ出したのはつい先日。なぜか分かるか」
 男はがくがくと震えている。
 それは寒さだけではない。目の前の風景を見てしまたのだ。
「春の姫を浚う算段が整たのだろう。見てみろ、冬はひどく巨大になて、お前等の国を踏みつぶせるほどになている」
 巨大な雪だるまの固まりが、地面を揺らして歩いている。その歩みは怒りに満ちて一足ごとに地面が凍てつく。雪が激しく降り落ちて空気さえ凍らしていく。
 雪だるまはその腕の中に愛らしい花のような姫君を抱いている。
 全てを委ねるように雪に埋もれた姫君は、幸せそうに目を閉じていた。
 男は震えて、指をさす。
「ああ、彼らが向かているのは我が領土」
……くだらん。人間の目にはこんなにも分かりやすいことが分からないらしい」
 振り返た男は小さく悲鳴を上げた。
 それは雪だるまを見た時よりもさらに恐怖の色合いが強い。
「何が春泥棒だ。お前達こそ恋人泥棒なのだ」
 彼が見たのは、探偵の姿。
 先ほどまで人の形を保ていた探偵は、男の前で異形のものに姿を変えた。

「なあ、凍てついた?」
 しばし後、腕を十本も持つ「探偵」は冷えた紅茶を突きながら私に問う。
 驚きの表情のまま固また男を見つめ、私は二つの口で溜息を吐いた。
「生きてる、かろうじて」
「まあ。別にその男が悪いわけでもないしな。領主の所に送り届けておけ。領国がまだ残ていればの話だが」
 ぱちんと指を鳴らせば屋敷も紅茶もパイプも、気取たドアノカーも全て消える。
 ただ真白な雪原に、異形となた彼と彼と凍た執事だけ。
 その中で「探偵」は腕を振るて元気よく言た。
「さあ助手、別の国に行くぞ」
「助手じない。私はそもそも」
「ああ私の従神だ。でも私が探偵ならお前は助手だろう。世界ではそう決まてる……ええと、どこの世界だたかな。たしか私が百個目に作た世界でそう決まていたはずだ」
 彼は首を傾げ、そして深々とため息を付いた。
 熱い息は、白い息となる。その息の向こうで、派手な音が響く。どこかの城が潰れたような、そんな音だ。悲鳴だ。
 せめて無関係の人々は巻き込まれていませんように……と、神に祈りかけて私はそれを諦める。
 目の前で無邪気に白い息を吐き出すこの男こそが、神なのだ。
「しかし大体においてどの世界も愚かで失敗なものが多いな。こうも続くとがかりするよ。次はもとまともな人々に会いたいものだな」
「君はそもそも世界を作り過ぎなのだ」
 彼は神。私はその従神。
 いつからそうだたのか覚えていない。遙か昔昔のその昔。気紛れな彼は世界や国を作り、それにも飽きた頃、世界を巡て自分が作たものを眺めに行く。
「だてこれしか趣味が無いんだ……ん?」
 彼は一歩進みかけ、足を止める。
……それに、稀にいいこともある」
「何?」
 彼の巨大な足元に、見落としてしまいそうなほど小さな赤い花が落ちていた。
「私達への御礼だな」
 彼は長い爪でそれをそと拾い上げる。それは、雪と氷で梱包された赤い花。
 まさに春と冬の贈り物。
「綺麗な雪の花じないか。なるほど、私が手を出さずとも恋は育つし実るのか。泥棒もいいスパイスとなたかな」
 この世界の価値を見出したように、彼はにこりと微笑むとその花を耳にかけた。
「さあ行こう。次の国か世界でも探偵ごこをしようか。次は君が探偵をしてもいい」
「勘弁してくれ。それより次の国は暖かい事を祈るよ」
「さあ。どうかな、一時、冬の世界を作ることにはまたことがあてね……そうだ、面白い話をしてやろう……
 笑て進む我が神の背を追いかけて、私も歩く。
 大地に広がる雪は穏やかな色を取り戻し、春の甘い香りが吹きつける。
 私達は、やがてどこかの国に繋がる淡い光に包まれていた。

 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない