てきすとぽいトップページへ
第50回 てきすとぽい杯
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  12 
40年の涙
みお
 投稿時刻 : 2019.04.13 23:41
 字数 : 2512
5
投票しない
40年の涙
みお


「やー、奥様。ここは本当、異国情緒溢れる町でしたね。食べ物だて珍しいですし、建物も綺麗だし……3日と言わずあと一週間くらい滞在したかたです」
 従者の少女、オリンが呑気な声をあげてキロキロと周囲を見ている。
 周囲に広がる風景といえば、馬車に鐘撞き堂、古びた教会、ツタの這う家。どうてこともない西の町。
 西日はとうに落ちて、月が上がた。その月もどんどんと高い位置に上がり、通りの人々の顔は酒で焼けている。
 酒場の歌い女と踊り女の動きにも疲れが見える、すでに深夜も近い頃。
 しかし、明るい。ギラギラとした灯りが建物を照らし出し、オリンの目からはそれが異国情緒に映るのだろう。
 この場所が夜でも明るいその理由は、汽車の駅があるからだ。
 最終の汽車を求めて、男も女も忙しそうに駆けていく。
「夜中でもこんなに人が多くて。私ずとお屋敷に詰めていて、町なんて来た事がないから、こんな風になてるて知らなくて」
「そう? 西方はこんな町が多いのよ。私達のお屋敷は山の手だから、町の風景は確かに珍しいかもしれないわね」
 私は老いた手で杖を掴んで、笑う。顔にかかた黒いヴルが風に舞い上がる。
 鼻に届くのは砂埃の香りだ。いつもこの町は砂埃と、酒と、潮の香りがする。
 ごちごちとした音も、香りも懐かしい。
「私、生まれは東方なので、教会があるだけで異国て感じがしちいます」
 オリンはまだ15になた頃か。東国から売られ、奴隷船に詰められて運ばれてきた。そのような過去を感じさせない底抜けの明るさは、東国の人間が持つ特性なのだろうか。
(あの人も)
 私は白い杖を撫でたまま、じと地面を見る。
 砂の舞うその大地。ここはかつて、私が人生で唯一恋をした場所だた。
……東の国の人だた)
 目を閉じれば浮かんでくるのは陽に焼けた優しい笑顔。髭もない、艶やかな顔。黒の髪。暖かな声。私に差し出された大きな手。
 システナ、僕の可愛い、シス。それが彼の口癖だた。
 しかし、私は40年も前、その手を握り返せなかた。
 暖かな彼の体温も、その囁く声も全て知り尽くしていたというのに、私は彼から離された。
 厳格な私の兄が、そのような結婚を許さなかたからである。
「奥様?」
「ごめんなさい。行きましう」
 オリンの声に私は首を振る。それもこれも、遠い思い出だた。
 金色の懐中時計を見ると時刻はまもなく23時50分。
 私はオリンを急かして駅舎に進む。
「ゆくり見せてあげたかたけど、残念。0時5分の汽車に乗らないと家に戻れなくなるわ」
「奥様」
 一瞬、町を振り返た私にオリンが声をかけた。
 そばかすの浮いた顔はどこか真剣だた。
「奥様はこの町に何の用事が?」
「何て」
「旦那様が亡くなてお葬式も終わて、それから1年。どこにもお出かけにならなかた奥様が、なぜ急にこの町に? それも三日も……何かを探して毎日出歩いてましたよね。私に黙て。何をお探しだたんですか?」
 私の頭の中に、汽車の音が響く。
 それは三日前、薄暗い屋敷を抜け出し汽車に飛び乗た時の音だ。連れてきたのはオリンだけ。
 兄が亡くなり1年。いや、それよりずと前……40年も前から私は小さな約束を胸の奥に抱えていた。

 全てが自由になたら、きとこの町にきて。僕は百年だて待ている。

 彼の温かい言葉が胸に蘇り、私の足がすくんだ。
 そのたた一言の約束だけを生きがいとして、私は40年を生きてきた。しかし兄が亡くなり自由になても私はすぐには動けなかた。
 まさか40年も彼が待ていると思えない。
 兄が亡くなた今、屋敷は兄の子が継いだ。
 しかし私は叔母として軽率な行動は慎まなければ成らなかた。私の家は古く、名誉とプライドだけが山のように積み重なている。軽率な行動などすれば、きと甥は怒るだろう、兄と同じ顔で。
「別に……少し忘れ物を探しに来たの。でも見つからなかた。それだけよ」
「奥様、私に出来る事があれば言てください。私、感謝してるんです。奴隷船から拾い上げるだけじなく、教育まで……
「オリン。私はあなたを本当の妹か娘のように思ているの。だから気に病む必要はないわ」
 そう囁くと、彼女の大きな目が潤む。
 その涙が私は羨ましい。私は40年前のあの日から今日まで、一度も泣けていない。
 苦しさに顔が歪むが、黒のヴルがうまく隠してくれた。兄の死を悼むこの布は、未だに私と外界を阻んでいる。
「それにもういいの。今日の汽車で帰るて甥には言たもの」
 私が自由に出来る時間は3日だけ。
 彼とは日付の約束などしていなかた。さらに彼がどこにいるかも分からない今、手紙も電報も渡せない。
 会えるはずが無いと思い町に来た。当然、出会うことはなかた。
 私を待ち受けていたのは砂埃と潮の香りと、汽車の音。
 馬鹿のように探し歩いたが彼は見つからず、とうとう時間切れ。
「行きましう」
 私はオリンを手招いた。駅舎にはすでに汽車が蒸気をあげている。
「時間切れよ」
 あの日流せなかた涙は今も流れない。
 一歩踏み出した、その時。

「僕の可愛いシス」
 
 背中から懐かしい声が響く。それは40年前に聞いた声より少しだけ重みのある声。

「待て、システナ、僕の可愛い……

 振り返ると、そこには陽に焼けた精悍な顔がある。あまりのことに驚いて杖を取り落とすと、オリンが私の体を支えた。
 彼の姿がどんどんと大きくなる。差し出された手を掴むと、そこには確かに血の通いがある。
 生きている、生きていた。彼は、ここにいる。

「奥様、奥様、忘れ物てことにしましう」

 オリンが私の体を抱きしめて、必死に言う。

「私が町で、忘れ物をして」

 彼女の向こう、駅舎から激しい警笛音がする。
 0時5分、今日最後の汽車が出る。

……それで奥様は、帰れないんです。明日も明後日も一年後も、私が毎日忘れ物をして」

 私は黒いヴルを取り払う。薄闇のように見えていた世界が、パと明るく染また。
「ね、そうしましう」
 オリンの体の向こう、愛おしい彼の顔。彼は私をオリンごと抱きしめて、笑う。
「見つけた、僕の可愛いシス」
 その声に、吐息に、温度に、私の老いた目から涙が溢れる。
 それは、40年流せなかた涙である。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない