てきすとぽいトップページへ
第53回 てきすとぽい杯
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  12 
君の名は
 投稿時刻 : 2019.10.19 23:24 最終更新 : 2019.10.19 23:30
 字数 : 840
5
投票しない
更新履歴
- 2019.10.19 23:30:45
- 2019.10.19 23:24:32
君の名は
うらべぇすけ


我が名は神。この世の理をあらわす唯一無二の存在じ
  して、ヌシはなんという。
  なんじと!?  名がないと申すか。
  では、吾輩がなんともゴースでシラララン☆  な名を授けようではないか。
  名は体を表すと言うからの。少し、ヌシについて教えてはくれまいか。
  ふむふむ。
  ヌシは生き物ではない?  なに。我が名は神。全知全能の存在である。
  たかだか、有機物か無機物かなどといた、くだらないことにこだわたりはせぬ。
  それでヌシはどんな存在であたのじ
  
  人間という、見栄張りで強欲な、されど慈しみや愛おしさを持ち、同時に愛に飢えた存在に必要とされてきたとな。なんと立派であろう。
  その身に人間の存在サイクルに欠かせぬ意義を持ておたのじな。
  風が吹けば飛ぶような、ヌシのその頼りなき見た目とはまるで似つかわしく、生という輝きを受けてきたのじな。それはそれは。神なる我輩であても恐れ入る。
  なに?
  しかも使い捨てじと!?
  人間というものは、なんという薄情な生き物じ。我輩は怒ている。よし、1秒後に生まれる人間で、少々懲らしめてやるかの。
  なるほど。なるほど。
  おおよそわかたであるぞ。貴君は、神の名を受け取るに相応しい。して、ヌシの名は----
  なんじと。人間のつけた名があるというのか。
  ゆうてみ
  ……
  合点承知の助じ。その名にちなんで、豪華でゴースにドドンパな名を授けるとしよう。
  コホン。
  よく聞いておれ。貴君の名は-----
  神尾睦じ
  明日より、神尾睦と名乗るが良い。
  なんじと!?
  そのままんじないか、だと!?
  ええい。
  うるさい奴め。そんな輩にはこうじ。極薄ゴワゴワしない♡  お尻にぴたりフトな横漏れ防止機能を備えた新たなる姿に生まれ変わらせてやろう!
  なんじと!?
  すでにあるじと!?
  ええい。
  ならば、こうじ!  神通力を持つ、この我輩に恐れおののくが良い!
  これ。暴れるでない!
  …………。 
  ………
  ……
  ……♡  
  お尻にぴたりフ。ゴワゴワしない肌触りさらさらムーミーマン♡
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない