てきすとぽいトップページへ
第10回 文藝マガジン文戯杯「気づいて、先輩!」
 1  15  16 «〔 作品17 〕» 18 
先輩・過去・未来
ミラ
 投稿時刻 : 2020.02.09 13:42 最終更新 : 2020.02.16 03:44
 字数 : 906
5
投票しない
更新履歴
- 2020.02.16 03:44:56
- 2020.02.12 01:13:20
- 2020.02.09 16:33:31
- 2020.02.09 16:24:03
- 2020.02.09 16:13:33
- 2020.02.09 13:42:12
先輩・過去・未来
ミラ


 ある日、俺と同じクラスに転入生がやてきた。
 そいつはクロマニヨン人だた。
 異説もあるが、定説ではヒトの直系の祖先である。
 人類の先輩というわけで、彼のあだ名は先輩に決また。
 先輩は言動が原始的というか、まあ、はきり言て馬鹿ぽいので、みんな彼のことを自分たちより一段低い存在と見下していた。
 先輩自身も自分に自信が持てないようだた。
 からかわれたり、いじめられたりしても卑屈に笑ていた。
 俺はと言えば、遠くからそれをただ眺めているだけだた。

 しばらくして、また転入生がやてきた。
 今度の転入生はネアンデルタール人だた。
 ネアンデルタール人についても様々な説があるが、クロマニヨン人より古い時代に属する旧人類であることは確かのようである。
 したがて、あだ名はもちろん、大先輩である。
 先輩と大先輩の関係は微妙だた。
 このクラスの中では先輩のほうが大先輩より先輩なのである。
 そのせいか、先輩は大先輩に対してだけは威張ていた。
 なんというか、器の小さい先輩に、俺は少々失望した。
 いぽう大先輩の方は、先輩から先輩風を吹かされても、嫌な顔をすることもなく、いつもニコニコと穏やかに笑ていた。
 さすがだ、と俺は思た。

 その日、大先輩が珍しく俺に話し掛けてきた。
「君は他のみんなとは違て、いつも大人しいね」
「俺は一番後輩ですから」
 大先輩の貫禄に俺は自然とかしこまて答えた。
「そうなんだ。でも、これからは君の時代だろ」
 そこへ先輩が割り込んできた。
「おまえ、誰と話してんだよ。あ、こいつは」
 どうやら、こいつとは俺のことのようだ。やれやれ。
「前から気になていたんだが、こいつはいたい、何なんだ」
「なんだ、知らなかたのかい」
 大先輩が意外そうにいた。
「彼は、」
 そのとき、第三の転入生がやてきた。
 今度の転入生はテラノサウルスだた。
 これはやばい、と俺は思たが、他の誰も危険に気づいていなかた。
 気づいて欲しかた。
 結局、先輩も大先輩も、他のみんなも食い殺されてしまた。
 助かたのは、食い物に見えなかた俺だけである。
 やがてテラノサウルスも飢えて死に、俺だけが取り残された。
 次の転入生がいつ来るのか、俺にはわからない。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない