てきすとぽいトップページへ
第58回 てきすとぽい杯〈夏の特別編・後編〉
 1 «〔 作品2 〕» 3  11 
泣き女 ~ 書き男 ~
 投稿時刻 : 2020.08.11 17:46 最終更新 : 2020.08.11 17:53
 字数 : 925
5
投票しない
更新履歴
- 2020.08.11 17:53:11
- 2020.08.11 17:49:44
- 2020.08.11 17:46:53
泣き女 ~ 書き男 ~
ふわ ゆー


 あれから20年がたた。僕は家族とは疎遠になり、血がつながていない妹が今どうしてるのかも知らない。
 僕自身は10年前結婚し、離婚した。子供はいない。
 相変わらず感情を表に出すことは苦手だた。
 
 仕事で祖母の家があた県に出張に行た。それで昔のことを思い出したのだ。
 祖母の遺体。お香の匂い。泣き女の叫び声。
 僕は唐突に泣き女に会いたい衝動に駆られ、同行した上司に有給を願い出た。
 
 出張の理由である現地の会社との契約がうまく行たことで、上司は上機嫌であり、連休をつぶして出張したこともあて、普段は手がかかる有給願いはその場であけなく受理された。
 僕は帰り道で上司と別れ、以前祖母の家があた島に渡た。
 
 船を降り、宛てなどない行きあたりばたりの旅だたが、泣き女を探すのは意外に簡単な仕事だた。さすが田舎ネトワークである。
 港で作業をしていた漁師のおばさんたちに尋ねるといきなりヒトした。
「ああそり上谷さんだがね」
「そら、奥の通りに今でも住んでなさるよ」
「携帯で電話してあげよう」
 
 彼女は幸運にも僕のことを覚えていた。僕は約束を取り付け、島の雑貨屋の喫茶コーナーのような場所で彼女と再会した。
 過去に祖母と何度か来たことのある店だ。磨き上げられたテーブルと椅子。古く使い込んではあるが不潔ではない。
 
 やがて泣き女はやてきた。
 僕はアイスコーヒーを飲んでいて、彼女はイチゴのかき氷をたのんだ。
 当然顔見知りなのだろう、泣き女は店の人と二言三言世間話をした。
 
 僕は注文の品がテーブルに置かれると、昔話もそこそこに切り上げ、どうしたらそこまで思い切り泣けるのか、できれば僕も思い切り泣いてみたい。どんな修行をすればいいのかと訊いた。
 彼女の答えは意外なほど簡単だた。別に泣き女にならなくても演劇サークルに入て、感情表現メソドを学べばよいのではということだた。
 
 ふうむ。
 僕は絶句した、生まれてこの方、学芸会の演劇で木や石や生き物じない役にしかついたことのない僕にはハードルが高すぎる。
 
「それなら、小説を書いてみればいい」
 と泣き女は言た。
――なるほど。
 
 そんなわけで、僕はネト上で小説の書き手になた。
 2月に1作は書き上げている。
 だけど、感情表現は未だ苦手だ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない