てきすとぽいトップページへ
第58回 てきすとぽい杯〈夏の特別編・後編〉
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  11 
螺旋世界の支配者数 ~ 新生種 ~
 投稿時刻 : 2020.08.16 14:19
 字数 : 2500
5
投票しない
螺旋世界の支配者数 ~ 新生種 ~
アコース@投稿用


 研究はすぐさま行き詰また。この紅い涙は、それまでの人智が全く及ばぬ奇妙な物質でできていて、おまけに強い魔力を含み、あらゆる器具や計器を侵食し、狂わせたからだ。
 だが若者はこの時、ある発見をしていた。


 人間の国の片隅で、いつしか妙な集団が目につくようになていた。その手には、赤い粒の入た小瓶があた。
「ごらんなさい……これこそ、神が流した血の涙! 我らの教祖が啓示を賜り、特別に授かたものなのです」
 涙型を刺繍した揃いの装束の者たちが、神の啓示の言意と、赤い粒の神秘性について語り聞かせ、人々の手を取た。
「祈りましう、この神の涙に。『勇者ヲ滅セ』」
 男がその言葉を唱えると、赤い小さな粒が、チカリとおぞましい色の光を放た。
「さあ、あなたも、そちらのあなたも。『勇者ヲ滅セ』」
 またチカリ。その奇妙な現象は、不思議がられ不審がられながらも、絶望に染また人々の目の色を次第に変えていた。
 彼らは『血涙教』と呼ばれ、衰えゆく人間の国の末端から、じわじわとその数を増やしていた。


 『血涙教』には、常に黒い噂が付きまとた。
 やくざ者や奴隷商らと、裏で結びついている、とか。布教を口実に、街々で入信者を連れ去ては、洗脳を施し、過酷な労働をさせ、動けなくなた者は地の底に捨てる、など。
 しかし、どんな醜悪な噂が立とうとも、教祖や指導者らが表立て否定することはなかた。否定できなかた。もと非人道的なことを、秘密裏に行ていたからだ。
 ――人体実験だた。生きた人間の体に、あの赤い粒を埋め込むのだ。
 赤子から老人まで、数多の男女の体にそれは施された。大抵は、数日と経たず発狂して死んだ。それを生き延びた者も、ほどなく全身に奇妙な病症が現れ、化け物じみた容姿となて息絶えた。その体から、赤い粒を取り出し、また別の人間に埋め込むのだ。人を変え、部位を変え、そんなことが幾年も繰り返された。
 しばらくして、被験者はある種の人間に絞り込まれた。妊婦だた。女が集められ、孕まされ、胎内に赤い粒を埋め込まれた。その腹はやがて、人間の胎児ではあり得ぬほど大きく膨れ、母体を割り裂くようにして異形の赤子が生まれるのだた。そうして生まれた赤子さえ、ろくに育たず、すぐに悪臭のする有機体の塊へと成り果てた。大量の女の死体と肉塊とが、人知れず埋められた。それでもまたどこからか、女が連れ来られ、孕まされ…………
 途方もない時間と膨大な犠牲の末に、それは生まれた。育たのは1体きりだた。
 『紅の神獣』と名付けられたそれは、勇者20人分の魔力を持ち、山を片手で薙ぎ払うほどの腕力を持ていた。かつての魔王を彷彿とさせる姿をしていたが、それを知る者は、人間の中にもはや存在しなかた。
 禍々しくも力強きその姿に、老いた教祖は膝を折り、しわがれた声で嗚咽をもらした。彼こそ、廃城から紅い涙を持ち帰た、あの若者だた。
「ついにこの日が来たというのか……。さあ、神獣よ、積年の恨みを晴らす者よ。『勇者ヲ滅セ』」
 神獣が雄叫びをあげた。巨大な鎖をたやすく引き千切り、教団の施設を無造作に踏み荒らして、そのいきものは初めて地上に姿を現した。


 神獣の力は圧倒的だた。
 無抵抗も同然の虐殺に飽いていた勇者の国の戦士を、たちまちのうちに元の国境線付近まで押し返し、そこで、結集した勇者たちの一団と、正面対決となた。
 勇者たちは、本格的な戦闘に長いブランクがあるにも関わらず、素晴らしい剣技と魔法の連携を見せた。かつて人々の喝采を浴びた技の数々に、人間たちは今、口々に呪いの言葉を向けた。
 『勇者ヲ滅セ』『勇者ヲ滅セ』
 その言葉が届くたびに、神獣の力が一段、また一段と増していくようだた。
 神獣の踏み荒らした土地には、呪われた黒い煙が幾筋も立ち昇ていたが、それを気に留める者は誰もいなかた。
 長く激しい消耗戦が続き、ついに、神獣が勇者の国へ一歩を踏み出した。
 やがて、二歩。三歩。
 勇者の一団は後退を余儀なくされ、魔力が尽きて倒れる者が現れ始めた。神獣が動き回る勇者らを追い回す中、倒れた勇者の元には、とどめを刺そうと人間たちが殺到した。
「悪の根源め!」「父の、兄の仇!」


 そしてとうとう、最後の勇者が力尽き、地に伏した。人間たちは捕らえた勇者を広場に引立て、斬首の斧を振りかぶた。
「言い残すことはあるか」
……ここで私を殺せば」勇者は力を振り絞り、処刑者を睨み上げた。「再び必ずや、魔王に支配される時代がやてくるぞ」
「何を言う。魔王も、勇者も、変わらないではないか」
 斧は振り下ろされ、勇者の首が転がた。広場にわと歓声が広がた。


 広場に上がた歓声は、波が押し寄せるように生き残た人間たちの間に広がていた。人々は張り詰めていた糸を失て崩折れ、喜びの涙を流し、踊り、抱き合た。
 その喧騒も、やがて、再び波が引くように消えていた。
 そこには、ただの一人の人間も残されていなかた。皆、消えてしまた。
 人間たちは皆、かつてその代表だた勇者たちでさえも、遥か遠い昔に忘れてしまたのだ。自分たちの成り立ちを。勇者の一族が、一瞬にして消滅した一億の魔物たちにとての、歴代魔王らと同じ存在であたという、その事実を。


 無人の荒れ野に、一匹の神獣だけが蠢いていた。
 その傍らに、煙のように近づく影があた。ローブを纏た、それはあの賢者だた。
 賢者はフードを脱ぎ、焼け焦げた空気に顔を晒した。「魔物よ、人間よ、私を恨むか」
「だが、弱い種が死に絶え、より強い種が全てを支配するのが、この世界のルールであるならば――これこそ、終着点にふさわしいとは思わないか」
 神獣に静かに歩み寄りながら、賢者はローブを脱ぎ捨て、全身を露わにした。
 その姿には、人間の特徴と魔物の特徴とが、混然一体となて現れていた。さらには、薄すらとだが、女性の特徴も。
「今は、残された我ら二体が、この世界の支配者だ」
 賢者は、神獣にその手を差し伸べた。知能などないと思われた神獣が、しばしの後、それに呼応した。
 ほどなくしてそこには、賢者を肩に乗せ、居住に適した地を求めて歩む神獣の姿があた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない