てきすとぽいトップページへ
第58回 てきすとぽい杯〈夏の特別編・後編〉
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  11 
四葉のクローバー ~10年~
 投稿時刻 : 2020.08.23 15:22
 字数 : 1864
5
投票しない
四葉のクローバー ~10年~
住谷 ねこ


「許す」
もし、そう言ていたなら、何か変わたろうか。

「許す」
もし、そう言ていたなら、今ここに座ているのはチカちんだたのではないか。
「許す」
もし、そう言ていたなら、プレゼントを選ぶのに付き合てほしいと相談を受けたのは
チカちんだたのではないか。
「許す」
もし、そう言ていたなら
今日、真白なドレスで智樹の横で
はにかんでいたのはチカちんではなく。
チカちんではなく。

チカちんではなく。

「永遠の愛を誓いますか」と言う問いに
「誓います」と答え
智樹の普段少しぶきらぼうな手が
これ以上ないくらい繊細にチカちんの指にリングをはめた。

**

卒業後は紗季もチカちんも智樹もたいていの生徒はそのまま
公立の中学に進み、小学校の延長のような顔ぶれだた。
ただ違たのは男子が急に女子に優しくなたことだた。
意地悪を言たり、からかたり、ものを隠したり
気を引くためにしていた不器用な愛情表現は影を潜め
優しさをにじませたストレートな好意に変わた。

そんなことも気が付かないで廊下で会うたびに
「よお、紗季 また背が伸びたな。俺を抜くなよ」
「うるさい」と怒たふりでじれることを仲がいいと錯覚し
智樹は自分に気があるんじないかと勘違いをし
本当に好きな子にはおいそれと口がきけなくなるものなのだと
気が付いた時には智樹から相談を受けていた。

「あのさ、何を買えばいいかな」
まだ残暑の残る2学期が始まてすぐの放課後
智樹が後ろから走てきて唐突に話しかけてくる。

「なにが?」
本当は一緒に帰れて嬉しかたのに
照れて紗季の返事は少しつけんどんだ。

「えーと。あのさ」
「だからなに?」

「プレゼント」
「え?」
「誕生日プレゼントさ、なにがいいかな」

「なに……」 急な申し出に紗季はしどろもどろだ。
きり自分だと思たのだ。10/10

でも次の瞬間まくろな穴に落ちていく気持ちになた。

「チカ、10/15だよな。 な?」

チカの誕生日。

いつもニコニコしていて優しくて
小柄でき
と気が強くて、友達が困らされていると聞けば
素行の悪そうな上級生にだて食て掛かるような
友達想いでいつもずと、小学校の時から
「紗季は私の一番よ」そう言てくれるチカの誕生日。

「智樹……チカのこと……
好きなの?とは言えなかた。
喉が詰まて顔が熱くなて声がでない。

「ば 」 ばかやろー、ちがうよ そういて否定すると思た智樹は
「まあ、紗季にはいいか。紗季には言うよ」

……

「実は、うん。まあ、だからさ、協力してくれよ」

……

「あ、お前も好きな奴いるなら言えよ。俺も全力で協力するよ」

クローバーの栞をまだ持ていた。
チカちんがくれた、小さくて丁寧に作られた栞の代わりに
画用紙に乱暴に張られた大きな四つ葉のクローバー
チカちんがこんなの違うと言て振り回した時に一枚剥がれて
ただのクローバーになた。

「やぱ、あれだろ? なんかネクレスとかそういうのがいいのかな」

それはチカちんにもらたよりも大切なお守りになた。

あの時、大きな四つ葉のクローバーを探していた智樹は……
画用紙に不器用な手で四つ葉のクローバーを張り付けた智樹は……

少しは紗季のことを思てくれていた?

「智樹、チカの誕生日なんて知てたんだ」

「うん。まあ……ね。 あ? お前いつだけ?」
「あれ? あれ? なんか知てた気がするけど。ごめん」

「いいよそんなの」
もう忘れたんだ。
紗季の誕生日、ずとずと体育の日生まれなんて
お転婆のデカ女にはぴたりだと、毎年からかていたくせに。

涙を我慢するのはずと得意だ。
一度だけ泣いた、あの栞をだめにされたあの時。
あの時だて、栞のせいで泣いたんじない。
一番言われたくない人に一番言われたくない事を言われたからだ。

「重てー。お前 また体重増えただろ」

あれより悲しいことなんてないから
涙なんて我慢するのは簡単だ。

それ以来、紗季は智樹の優秀なアドバイザーだ。
とずともう10年もずと。

智樹とチカちんがいつまでも幸せであてほしいと思う。

ただときどき、本当にときどき。
「許す」と言ていたら…… と思うだけだ。

だけど。本当は知ていた。

**

わーと大きな歓声が上がて顔を上げるとブーケが一直線に紗季に向かて飛んできた。
あわてて両手で受け止める。

紗季が受け取たのを知るとチカちんが本当にうれしそうに笑
大きく手を振る。

あー。そうだね。「許す」と言ても何も変わらなかたろうな。
紗季は少し泣きそうになりながらそれでも涙は見せずに
大きく手を振り返した。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない