てきすとぽいトップページへ
第6回 てきすとぽい杯〈途中非公開〉
 1  8  9 «〔 作品10 〕» 11  13 
緩めの生クリームがお好き
 投稿時刻 : 2013.06.15 23:42
 字数 : 1691
5
投票しない
緩めの生クリームがお好き
豆ヒヨコ


 私はカウンター下のラクから、直径25cmほどのガラスボウルを取り出した。次いで蛇口をひねり、8分目くらいを目指して水を注ぐ。
「おと」
 ボウルは思いのほか重くなり、支えている左手からシンクへなだれ落ちそうになた。とさにカランに添えていた右手を差し出し、難を逃れる。うかがうようにチラと振り向くと、大叔母が待ち構えたようにニコリ笑てみせた。
「ユキさん、何事もていねいに、心をこめて頂戴ね」
 はーい了解です。私も、マクス朗らかな笑顔をつくて応える。心の中で大きく舌打ちしながら冷凍庫を開け、買ておいた大袋入りの氷を取り出した。キチンばさみで封を切る手ももどかしく、水をはねかしながら先ほどのボウルに氷を放り込んでいく。

 ああ、なんでこんなことをしているんだろう。こんなときに?
 考えても仕方がないとは分かりつつ、私はイライラを抑えられなかた。すべては金のせい、大叔母が大金持ちなせいだ。
 FXで全財産を失た夫に残されたのは、恐ろしいほどの執念だけだた。2億という負債額に腰をぬかし、勤めているスーパーのレジ打ちで返すとしたら何年かかるか計算しては奈落の底に突き落とされている私を尻目に、夫は余裕のある親戚 ―絶縁されている夫のではなく私の― につけいる隙はないかと血眼で探していた。
 大叔母はやはり借金で勘当されていた祖父の妹で、宮家の末裔に嫁いだ。夫を病で早くに亡くし、大戦後にいたん没落はしたものの、資産運用の才に恵まれ今では長者番付に載るほどだと身内ではもぱらの噂だた。
 まずは正攻法だと突撃した私たち夫婦を、大叔母はイギリス式にもてなしてくれた。美しいテプに熱々の紅茶が注がれ、近ごろ食べるものにも困ていた私たちは、むさぼるように焼きたてのスコーンをほおばた。

「それで、お金を用立ててほしいというのね?」
 大叔母は気の毒そうに眉をひそめながら確認した。
「そうなんです、もうにちもさちもいかなくて」
 夫は、端正な顔つきをゆがめて懇願する。一見誠実そうに見えるところがかつては大好きで、今は憎くて仕方がなかた。
「そうねえ。でもねえ、お友達じない人にはお金を貸さないて、旦那様に約束してるのよ」
 約束。死ぬ間際に言い交わしでもしたのだろうか。まるで別世界のような大叔母の態度に、怒鳴りつけたい感情を必死で抑え込む。
「でも応援したいわ。血がつながてるんですもの。そうだわ!」
 子どもじみた声で、大叔母は嬉しそうに手を打た。
「わたくし、スコーンが大好物なのよ。一番好きなのはね、かたく香ばしいスコーンに、緩めに立てた生クリームを添えたものなの」
 ぽかんと口をあける私たち夫婦に、大叔母はトロリと流れるようなクリームを見せる。藍色の深皿に盛られたそれは、バターほどこてりせずホイプクリームほど軽くなく、確かに美味しそうだた。
「ええとユキさんだたかしら? ぜひ私のためにクリームを泡立てて頂戴。ぴたりの泡立て加減にして頂けたら、私たちはもう気のおけないお友達よ。そうなれば幾らでも融資してさしあげられるわ」

 一世一代の勝負は、その3日後、つまり今日に定められた。私はひとまわり小さめのボウルを氷入りのボウルに重ね、慎重に生クリームを注ぐ。
 ちらりと夫を見た。すらりとした体をスツールに預けて、緊張しきた表情でこちらを睨みつけている。ふいに、この勝負が終わればこの男とも終わりだろうという気がした。馬鹿げた気まぐれに人生をかけなければならないなんて、どこまで捧げつくさなければならないのだろうと虚しくなたのだた。
 泡だて器をクリームから抜き取た瞬間、私は自由になる。
そう思うと、一気に肩の力が抜けた。借金のことも一瞬忘れた。まだ液状のクリームに泡だて器をつこみ、私はいよいよ腕を動かし始める。
 ふわふわでもなくこてりでもない、あの柔らかい舌触りを求めて。大叔母の微笑む様子が目の端に映た。彼女はすべてを知ているのかもしれなかた。
「さあ、食べさせて頂戴!」
 大叔母が最高の笑顔をつくり、スコーンを大きくちぎてクリームをのせた。私はそと目を閉じた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない