てきすとぽいトップページへ
第6回 てきすとぽい杯〈途中非公開〉
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  13 
さよなら
 投稿時刻 : 2013.06.15 23:40
 字数 : 1503
5
投票しない
さよなら
小伏史央


 太陽の熱はとても冷たいのです。ウブは自身を抱きしめました。肩が小刻みに震えています。太陽程度では充分な暖がとれません。
 仲間たちはどうしているだろう……。ウブは首をすくめて思いを馳せます。もうへその緒を通過して、向こう側に到着しているかもしれない。ぼくは置いてけぼりになたんだ。――ブの考えることは徐々に降下してゆきました。じわりと沁みるものがウブの胸を突き刺します。
 なにもない真暗な空間で、色褪せた太陽だけがウブに光を与えています。しかし太陽は冷たいのです。ウブは太陽に背中を向けました。背中に微弱な熱がぶつかります。閉じ込められたように色のない景色が、どこまでも続いているように見えました。ずとずと遠くに、ちぽけで緩やかな連星が窺えるだけで、ウブの心を満たすものは、なにもありません。必然的にウブは、胸の内にこもている熱、自分の記憶に、目を向けてゆくのです。
 ……あるとき、宇宙のいたるところにワームホールが出現しました。宇宙が膨らむときに必要なエネルギーが、ワームホールになたのです。ウブの仲間たちは、それを〈へその緒〉と呼びました。……
 太陽はいびつな形をしています。いつの間にやらまた太陽と向き直たウブは、じと薄い膜を眺めていました。膜の内側で、かろうじて生成され続けているヘリウムが、力なく漂ています。ウブは太陽の膜を指でつつきました。ぶにぶにとまるで生き物のようです。しかし生きてなどいません。ウブのいたずらに、なにも応じず、されるがまま膜は揺らめきます。
 ……宇宙はつながてゆくのです。母親宇宙から、子ども宇宙へと。へその緒が生じ、そこから新たなる宇宙が膨らんでゆきます。そしてへその緒が切れたとき――母親宇宙と子ども宇宙の因果が断ち切れたとき、赤ん坊が産み落とされるのです。……
 ウブは両手を枕にして、太陽のそばに寝転がりました。もう仲間と会うことはできないでしう。仕方のないことなのです。個よりも種を尊重し、なによりも生き残ることを優先する。それが生命体全体の揺るがない欲求であり、ウブにとても最大の願いであるのです。
 諦めはついていました。だというのに胸が痛い、痛い――ブは涙を拭いました。拭き損ねた涙が、暗闇に浮かんで、太陽の膜を通り抜けてゆきます。少しだけ、太陽の熱が温かくなたような気がしました。ウブは体を起こします。
 連星は、沙漠に紛れたダイヤモンドのように。太陽は、廃れてしまた枯れたオアシスのように。ウブは立ち上がて、静かな宇宙を見渡しました。なにもない足元。なにもない天井。気付けば床と天井が入れ替わていて。それでも太陽はすぐそばにありました。太陽にはかつてのような炎はなく、ただ消え入るような冷たさの中身と、その膜があるだけでした。膜のなかには、塵と、砂と、ヘリウムと。
 突然ウブは、その塵のなかに、過去の栄光を見出しました。それは太陽の最後のあがきのようでもありました。その塵には、生命が繁栄した姿――地球のおもかげがあたのです。
 ウブは今度こそ涙を流しました。堰き止めていたものが崩れてしまたように、涙はとめどなく流れました。拭ういとまも与えません。ウブはたくさん泣きました。泣けば泣くほど、ウブの胸が潤てゆきます。気力が甦てゆきます。そのたびに太陽も明るくなているような気がしました。仲間とはぐれて、生きるのを諦めてから、この太陽はずとウブのそばにいてくれたのです。ウブは強く太陽を抱きしめました。
 太陽はパンとはじけて、なくなりました。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない