てきすとぽいトップページへ
推敲バトル The First <後編>
〔 作品1 〕» 2  6 
アイス・ボックス
 投稿時刻 : 2013.06.22 17:27 最終更新 : 2013.07.29 21:45
 字数 : 3951
5
投票しない
更新履歴
- 2013.07.29 21:45:53
- 2013.07.21 01:38:04
- 2013.07.16 21:16:36
- 2013.07.14 21:27:12
- 2013.07.14 16:51:50
- 2013.07.12 09:25:11
- 2013.07.05 22:29:45
- 2013.07.05 22:28:46
- 2013.07.05 22:25:31
- 2013.07.05 22:22:33
- 2013.06.22 17:27:47
アイス・ボックス
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


 夏休みのある日、お兄ちんが近所の駄菓子屋でホームランバーの当たりを引いた。私がまだ3歳か4歳ぐらいの頃だ。ホームランバーの当たりを見るのは初めてだた。その時、私はお兄ちんがヒーローに見えて、ばかみたいにはしいだ。でもお兄ちんは至てクールだた。
「これ、俺のだかんな」
 怖い顔をしたお兄ちんは、私を睨みながらそう言た。
「手出すんじねえぞ」
 お兄ちんは背伸びして、冷凍庫に手を伸ばした。その頃の我が家の冷蔵庫は古かた。冷凍庫は冷蔵庫の上に乗てた。
 当時の私はお兄ちんのことを自分よりずと大きい大人なんだと思てたけど、お兄ちんは私より2つ年上だから、まだたたの5歳か6歳だたはず。何度かつま先立ちになたり、ジンプしたりして、冷凍庫を開けようとした。でもどうしても手が届かなくて、そのうち諦めて、冷蔵庫の一番上の棚に当たりによて手に入れた二本目のホームランバーを隠した。私はそのとき、お兄ちんの背中を見ながらぼんやりと、ああ、お兄ちんは、大切なものは冷蔵庫に仕舞うんだなあと思ていた。
 当たり前だけどホームランバーは溶けてしまて、冷蔵庫の中がべちべちになた。買い物から帰てきたママはかんかんになてお兄ちんを叱た。その時、私はなんだか無性に悲しくなてしまた。大切なホームランバーを失た上にママに叱られているお兄ちんがかわいそうで。それで当時3、4歳だた私は悲しみのままに泣き出した。私が泣き出したものだから、ママはもと腹を立てた。私がなんで泣いてるのか言わないから、ママは、お兄ちんが私のホームランバーをいじわるで台無しにしたと思いこんだんだ。お兄ちんは誤解されてきつく怒られたのに、泣かなかた。

「ねえ、お兄ちんて友達いないの?」
 午後6時、夕飯時になてようやく目覚めたお兄ちんに、私は言た。眠そうに目をこすた後、お兄ちんは何も言わずに体を起こす。ち、無視かよ。こちはお兄ちんが寝てるからずーと暇だたのにさ。
「お兄ちん、入院してから全然学校の人お見舞いに来ないじん」
 もうすぐ夕食が配られるからかな。廊下の方は少し騒がしくなてきた。カーテンで仕切られた隣のベドの方からは、夫婦と思われる中年の男女の他愛もない会話が聞こえる。お兄ちんは怪我で入院してるんだけど、お隣さんは何かの病気の手術で入院しているらしい。お兄ちんは同じ部屋の他の人と全然話さないから、私も詳しい事情はわからない。
 お兄ちんは誰とも話さない。看護婦さんとも会話しようとしないし。お見舞いにもほとんどだれも来ないから、私ぐらいしか話し相手なんかいないはずなのに、入院してから私とも話そうとしてくれない。
 テレビをつけた。夕方のバラエテ番組をやてた。
「あの子、また来てたよ」
 あんまりにも暇すぎて、私は、言いたくなかたのに、言てしまた。お兄ちんの目がちらりと一瞬だけこちを見た気がしたけど、気のせいかもしれない。
「お兄ちん全然起きないのに、ずーとここに座てたよ」
 そう言て、私は自分が座てる丸椅子を指さした。お兄ちんはもうこちを見ない。まあ、お見舞いに来た高校の同級生が、この丸椅子以外のどこに座るのかて話だから、これはどうでもいい情報だたかも。
 それきり、またお兄ちんはむつり黙り込んだ。テレビの中で若手のお笑い芸人たちがくだらないこと言てじれあてる。スタジオの笑い声が聞こえてきた。たぶん面白いことをしているはずなのに、お兄ちんは画面を見つめたままちとも笑わない。つまんない。今日はもう帰ろうかな。そう思たとき、お兄ちんはサイドテーブルにあたペトボトルに気付いたようだた。
 あの子が持てきたんだよ、と言おうとして、やめた。今日はお見舞いに来たのあの子だけだたし、あの子はいつもレモンウターてくるから、言わなくたてお兄ちんはわかてる。
「私、あの子、嫌い」
 お兄ちんは何の反応もしない。
「なんかさ、ぶりて感じ。お兄ちんの前では大人しくしてるけどさあ、絶対腹黒いよ」
 廊下からキスターの音がして、看護婦さんが夕飯を運んできた。お兄ちんが何故かちと慌てたように、レモンウターを備え付けの冷蔵庫の中に入れた。ちい冷蔵庫だ。冷凍庫はついていない。その冷蔵庫の右上の小部屋に、素早くペトボトルが放り込まれた。冷蔵庫の中で、何か固いものとぶつかる音がかすかにした。
 味気ない感じの料理ばかり並んだトレイがお兄ちんのテーブルに運ばれる。お兄ちんは怪我で入院してるだけだから何でも食べられるはずなのに、こんなのしか食べられなくてかわいそう。ママもお父さんも、お見舞いに全然こないし、お小遣いもくれないから、お兄ちんは売店で好きな食べ物買うこともできないんだ。あの子も、レモンウターなくてもとお菓子とかそういうのを差し入れればいいのに。気が利かない女。
 でも、お兄ちん、レモンウターを、冷蔵庫に入れたなあと思た。ホームランバーのことを思い出した。

 冷蔵庫になんか入らなければ良かて、何度か思た。お兄ちんには言たことないけど。
 お兄ちんはよく私のことを、妹じねえて言た。それは事実だたし、私はまだ子供だたから、何とも思てなかた。ママとお父さんは再婚で、私はママの連れ子で、お兄ちんはお父さんの連れ子だた。お兄ちんはたぶん悪意で言てたんだろうけど、私は何とも思てなかた。兄弟ができたことが嬉しくて、いつも後ろをついて歩いていた。少し大きくなてからようやく、うちのこういう事情て結構特殊なんだてわかた。私はママが好きだたし、お父さんも好きだた。二人は優しくしてくれたけど、お兄ちんはいつも私に冷たかた。ちと寂しかた。
 だからかな、廃工場でかくれんぼした時、冷蔵庫に入たのは。当たりのホームランバーみたいな、お兄ちんの大事なものになりたかたのかもしれない。
 あ、やぱり違う。たぶん隠れるのにちうどよさそうて思ただけだ。思い出て、後から変なように補正されるよね。たぶん深い意味はなくて浅はかだただけだ。お兄ちんは全然見つけてくれなくて、飽きちたから出たくなたんだけど冷蔵庫の扉が開けられなくなて、暑くてしかたなく……その先のことはよく覚えてないんだけど、私はお兄ちんが私のことを見つけてくれなかたのが悲しかたから文句を言おうと思て、夜、お兄ちんの部屋へ行た。
 お兄ちんは悲鳴を上げた。私が見えると言て泣き出した。それを聞いてママが狂たようにお兄ちんを殴た。私はまだ9歳の子供だたから、どうしてそうなてしまたのか全然わからなかた。悲しくて、やぱり泣いた。誰も聞いてなかたけど。自分が死んだんだて気付くのに結構かかて、その間、私はお兄ちんがかわいそうだと思てつきまとてしまた。それでお兄ちんがノイローゼになたんだけど、私のせいだて気付くのにもやぱり結構時間がかかた。時間が経つとわかることがいぱいあた。後悔も増えた。溶けたホームランバーを見て泣くべきじなかたし、あの日冷蔵庫に入るべきじなかたし、死んだのにお兄ちんにつきまとうべきじなかたし、お兄ちんが怪我で入院してから病院に通い詰めるんじなかた。
 お兄ちんにあんな女の子がいるなんて知らなかた。私のせいで一時期ノイローゼになてからお兄ちんは友達が少ないから、まして彼女なんて絶対にいるはずないと思てた。病院に何度も来るあの子を見て、ああ、お兄ちん、もう高校生なんだなて思た。私にはお兄ちんしかいないのに、お兄ちんはちんと家の外で社会に属して、私の知らない人と交流して人間関係を築いているんだ。
 しうがないて何度も自分に言い聞かせるけどやぱり辛い。
 冷蔵庫の中には私がまだ生きてた頃の家族写真が入てる。私とお兄ちんと、ママとお父さんが、カメラに向かて笑てる写真。私とお兄ちんのお気に入りの写真。でもママはお兄ちんが私の写た写真を持てると怒るから、入院してから冷蔵庫の中にこそり隠しているんだ。いつかあの頃みたいに、みんなに笑て欲しいてずと思てた。でも多分、無理なんだと思う。お兄ちんはきと、冷え切た過去から、冷え切た家族から、自立するんだと思う。大人になて、自分にふさわしい女の人を見つけて結婚して、今度こそ本当の家族を作るんだ。
 しうがないて何度も必死に自分に言い聞かせているうちに、黙ていられなくなた。
「お兄ちん」
 お兄ちんは味噌汁のお椀をお盆に戻したところだた。無表情に食事を続けている。
「寂しいよ」
 ずと我慢してたはずなのに。お兄ちんがかわいそうだと思たから、ママとお父さんが心配だからここにいたはずなのに。だからずと口にするまいと思てたはずなのに。
 一度そう呟いてしまうと、無性に、そんなことあるはずないのに、全身の皮膚がむず痒いような、あついような、寒いような、息苦しいような、あの日みたいな、そんな感覚が蘇てきた。頭が煮えたぎる。お兄ちん、早く見つけて、ママ、お父さん、助けて、誰でもいい、――
 その時、目の前の、お椀を持たまま、温かくないご飯をじと見つめるお兄ちんの唇が、動いたような気がした。
……ごめんな」
 それは、まるで独り言のように聞こえて。ううん、やぱり違う。空耳だ。だて、聞こえるはずないもん。冷蔵庫の中で、私は、もう、
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない