てきすとぽいトップページへ
第8回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  10  11 «〔 作品12 〕» 13  38 
ミス・ゴールドフィッシュ
 投稿時刻 : 2013.08.18 00:49 最終更新 : 2013.08.18 03:04
 字数 : 1000
5
投票しない
更新履歴
- 2013.08.18 03:04:31
- 2013.08.18 01:59:52
- 2013.08.18 01:58:47
- 2013.08.18 01:50:26
- 2013.08.18 01:42:41
- 2013.08.18 01:40:41
- 2013.08.18 01:39:57
- 2013.08.18 01:36:18
- 2013.08.18 01:35:21
- 2013.08.18 01:30:54
- 2013.08.18 01:28:36
- 2013.08.18 00:49:56
ミス・ゴールドフィッシュ
豆ヒヨコ


「栄えある『ミス・金魚娘』は……海藤ミチルさんに決定しました!」
 歓声と拍手が起こる。ミチルは、おとりとパイプ椅子から腰をあげた。あたしはそぽを向き、そんなん分かてたしとつぶやいた。勿論負け惜しみ。
「やはり美しいですねえ。おめでとう
 でかい蝶ネクタイをした司会者が、一抱えほどもあるトロフを手渡した。和金が踊るクラシクな浴衣で、ミチルはにこり感謝の笑みをこぼす。会場からため息が漏れ、審査員たちはしまりなく笑た。
「馬鹿ばかりだよ」
 恨みを込めて、あたしは再びつぶやく。
 ミニ丈の浴衣は、ピンクのランチウが泳ぐ超・素敵なやつを新調した。かつてない高さに茶髪を盛たし、カラコンもつけま(つげ)も、メイクだて完璧に仕上げた……のに駄目だた。ふと魔がさす。
「あいつ、本当は男ですよ! 地声はすんごい低いんです!」
 あらんかぎりに叫んでやろうかとニヤつく。選んだおじさんたち、100%気づいてないだろう。一方で、そんなことに何の意味もないと知ていた。ミチルには、賞金もトロフも全然重要じない。奴は試してみただけなのだ、自分が”女として”どこまで通用するかを。
 かなわないことは、幼馴染のあたしが一番よく分かてる。それでも全力を尽くすべきだと思た。芸能界を目指すと誓た、ライバル同士だからだ。
「ミスと準ミス、検討をたたえる握手をお願いします」
 意味不明な儀式は続く。ミチルが目の前に立ていた。かんざしでまとめた黒髪が艶やかに眩しく、あたしは地面に目を落とした。突然、すごい力で腕をつかみあげられた。低く野太い声が降る。
「グジグジしてんな」
 驚いて顔を上げると、観音様のような笑顔があた。久しぶりに会う、男のミチルだ。
「ちんと後ろ、ついてこいや」
 荒ぽいけれど、優しさにあふれた言葉。蝶ネクタイの司会が、空耳かと目を白黒させた。あたしは反射的に「うるせえよ」と怒鳴る。その意気だとでも言うように、彼女はまたニヤリと笑う。
 未だかつてないエネルギーが、ふいに心の底から湧いてくる。
 悔しい、悔しい悔しい。あたしはこんなところでは終わらない、ちちなミスコンなんかで打ちのめされたりはしない。必ず後悔させてみせるから覚えとけ。とりわけ開催委員長のバーコード禿、首洗て待とけよ! 
 あたしは挑むように、ミチルを強く見返す。
 彼女はしとやかに背筋を伸ばし、小悪魔な裏声で「がんばてね」と囁いた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない